photo frame


photo-20180621.jpg



こんにちは。
本日は、梅雨の晴れ間といった空模様。
今頃になって、冬物の手洗い洗濯をせっせと。


photo frameのご注文を承りました。
陶芸家 星乃さんとの二人展 "雲ノマニマニ"の際に発表したものです。
milk teaのようなこっくりとした色合いの硝子とザラメのような質感の硝子の組み合わせ。
L判サイズ(W127mm,H89mm)の写真が入るphoto frameです。

お気に入りの想い出のお写真を入れて欲しいなあ。
気に入ってくださいますように。

プレゼントとして贈られるということなので、ラッピングをしてお渡しいたします。

ご注文いただき、ありがとうございました。




Nagako



| komono | 14:45│編集

I様邸ステンドグラス納品いたしました


i-0120180618.jpg



i-0220180618.jpg



こんにちは。
今朝は、大阪で大きな地震が起こって、それからずっとテレビに張り付いていました。
地震が多発していますね。これ以上、被害が拡大しないことを祈ります。



I様邸ステンドグラス明かり取りパネル、先日完成し、すでに納品しております。
外灯として選ばれたランプのデザインと同じ感じで制作をお願いしたい、ということでそのランプの画像を拝見し、それに近い硝子の色合いや、雰囲気を大切にデザインいたしました。琥珀色や、深い質感のある赤い硝子、そしてそれらにマッチするような中間色を配しました。

玄関入ってすぐの、建具上部の壁に取り付けられます。
気に入ってくださいますように。

プレゼントとしてステンドグラスをご提案頂いている建築会社さまからのご注文です。
いつも、ありがとうございます。



"I様邸ステンドグラス"
size W600mm,H200mm





Nagako



| panel | 15:17│編集

I様邸ステンドグラス制作


i-sama-20180614.jpg



I様邸ステンドグラス明かり取りパネルの制作の様子。
画像は、硝子カットが終わって、ケイム組ももう少しで終わる一歩手前です。


info@glasstobira.comは、ひきつづき開けない状態です。
お問い合わせは、glasstobira@gmail.comまでよろしくお願い申し上げます。



Nagako


| 制作日記 | 16:49│編集

来月開催ワークショップのお知らせ


こんにちは。
先日も、開催させていただいた村田工務店さんでのHütte(ヒュッテ/小屋という意味)づくりのワークショップを、来月7月12日(木曜)に、会場は同じ村田工務店さんで開催いたします。

Hütte H105mm,W85mm
323wstunagu.jpg


今回は、屋根の硝子色を「green」「red」「kohaku」の3色の中から1色を、お申し込み時にお選びいただくというもの。


geen
green_hutte.jpg

red
red_hutte.jpg

kohaku
kohaku_hutte.jpg




それでは、詳細です。

「Hütte(ヒュッテ)・壁掛けのミラーづくり」

内容 
グリーンの屋根のヒュッテ(小屋)を作ります。
サイズは、H105mm,W85mm
一部はミラーなので、飾るだけではなく実用性も兼ねています。
透明の部分は、さまざまな質感のある硝子を使います。(画像の硝子と違うこともございますので、予めご了承ください)
硝子カット後の工程、コパーフォイル巻き、半田付けを体験していただくワークショップです。
吊るすことができるよう、金具も取り付けます。
みなさま、一緒に作りましょう♪

料金
3,500円(硝子代、講習料込み)


所要時間
1時間半から2時間ほど


日時
7月12日(木)
13:30~15:30くらいまで  定員4名さま3名さま


場所
村田工務店さん
熊本県熊本市東区花立(詳しい場所は参加者の方にこちらからご連絡致します)

村田工務店さんのwebsiteはこちら→


ワークショップのお申し込み・お問い合わせは、glasstobira@gmail.comまでお願いいたします。
なお、返信には少しお時間をいただくことがございますので、ご了承くださいませ。




Nagako




| ワークショップのお知らせ | 16:45│編集

N様邸ステンドグラス明かり取り納品いたしました


n-sama-01-20180610.jpg



n-sama-02-20180610.jpg



こんにちは。
今日は、朝からサーっと一時的に雨が降りましたが、おおむね曇り空の1日でした。

先日、N様邸ステンドグラスを納品いたしました。
お届け先は、林田直樹建築デザイン事務所様。建具(引き戸)に入るステンドグラスです。

デザインは、3案考えてご提案し、画像のものに決まりました。
このデザインについては、機会と施主様のお好みがあえば是非制作してみたいと思っていたものでした。詳しくお話しすると長くなるので要点だけを記しますが、私が京都に滞在し、ステンドグラスの技法について勉強していた時、先生に見学に連れて行っていただいた「京都大学人文科学研究所付属東アジア人文情報学研究センター」(1930年/武田五一・東畑謙三設計)の階段に入る二連、三連の大窓(ステンドグラス)への憧れがあるからなのです。碁盤の目のように置かれた丸と菱形の色硝子、その上部の「肥後六花古墳石室内障屏彫刻」等の古墳や土器から採集した原子文様の意匠原案は、のちの京都大学総長濱田清陵。と、ここまで書いたら、すでに読みづらい長文になってきているので、この辺でやめますが、見学に行った際に、背景の透明と丸、菱形の調和がとても美しくて、この一部のデザインでいつか制作したいと思っていたことを思い出します。(昭和初期の作品ですので経年劣化があり、一度修復されています。恩師が修復を担当されました。)大窓なので、無作為に並べられていた色硝子ですが、N様邸では、お好きな色硝子を4種お選び頂き、規則的に色硝子を配置いたしました。

画像では、美しさが半減するのですが、実際はもっと美しいです。(地震後、片付けの際に作業机の位置を南向きから東向きに変えざるをえなくなり、写りが以前と違っています。)

背景に使用したアメリカ スペクトラムの”シーディ”と、さまざまな質感や流れのある色硝子が、どこから観ても美しいです。

N様には、インターネット上でこちらのwebsiteを見つけて頂き、ご注文を承りました。とても嬉しく思っております。
ご出産を控えられているN様。ご新居で、末長くお幸せに。
この度は、本当にありがとうございました。




"N様邸ステンドグラス”
size 400mm角




Nagako



| panel | 18:05│編集

N様邸ステンドグラス明かり取り制作


nsama0120180528.jpg



nsama0220180528.jpg



nsama0320180528.jpg



こんばんは。

今日、熊本県を含む九州北部が梅雨入りしましたね。
これからはしばらく、雨と仲良く。被害が出ない程度に降って欲しいです。


先日から制作を始めていた、N様邸の制作途中の様子です。

硝子切りが終了した後からの幾工程かを掲載してみました。「制作には、どのくらいの時間がかかりますか?」と、よくご質問を頂きますが、どんなものを制作するかで、同じサイズでも制作にかかる時間が随分違ってきます。


3枚目の画像は、パテが硝子凹凸に入り込むのを防ぐ養生テープをしてのパテ詰めの様子です。




Nagako





| 制作日記 | 21:32│編集

村田工務店さんでのワークショップでした


ws0120180523.jpg



ws0220180523.jpg



ws0320180523.jpg



本日は、村田工務店さんでワークショップを開催させていただきました。少人数ということもあるのですが、こちらが告知をする前に毎回、村田工務店さん側ですでに満員になってしまいます。本当にありがたいです!

制作したものは、グリーンの屋根のヒュッテ。
壁掛けできるように金具を取り付け、一部がミラーになっているもの。


みなさん、上手にハンダ付けされていましたよ。出来上がると、「きれい〜!」「かわいい〜!」などと喜んでいただいて、私も嬉しかったです。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!


次回の村田工務店さんでのワークショップは、7月12日(木曜日)13時半スタート、定員4名さまです。





Nagako







| ワークショップ | 18:06│編集

「蔵書票展」 古書 汽水社にて開催中です!


zoushohyou20180522.jpg



p20180522.jpg



蔵書票、素敵ですよね。
その存在を知るには知っていたし作りたいとも思っていた時期もありますが、日常的には馴染みがないものでしょう。熊本を中心にご活躍の陶芸家やイラストレーター、画家などが蔵書票を創り、古書 汽水社さんにて展示販売しています。私は、納品なども兼ねて拝見してまいりました。小さな作品、自分だけの大切なものにしたい作品が見つかるかも。大事に、額に入れて飾りたいような作品がありました。


汽水社さんに納品したのはキルンワークのアクセサリー。
納品前に写真を撮ろうとしたら、みっくんが邪魔してきたの図。


蔵書票展 Exlibris2018
2018.5.19sat→27sun 11:00→18:00

古書 汽水社 熊本市中央区城東町5-37-1F(上通り並木坂沿い) 定休日/第2第4木曜日


同時開催  なかお画廊






明日は、村田工務店さんでのワークショップです。
雨のようですが、はりきって行ってまいります。




Nagako




| komono | 22:53│編集

憧れるなあ


hatake0120180514.jpg



bb20180514.jpg


先日、うちの家庭菜園で栽培している、そら豆の収穫をしました。
両親が旅行中で収穫できないため、「できればこの日に収穫してほしい」とのお達しを実行するためだった。時間さえあれば、本当は自分で食べる分の野菜は育てたいと思うのが私の考えであり、将来やってみたいことでもあります。単に憧れているだけでは近づけないので実行せねばと、この日は収穫に出かけたのでした。そら豆は、無農薬で育てているので、虫食いがあったり、形がいびつだったりします。ですが、皮を剥いてみると、ふかふかな皮の内部には、大きなそら豆がゴロンと3〜4個入っていて、茹でて食べると本当に美味しい!

田舎に暮らしているのに、土を踏むのっていつ以来だろう?と思ったり、空の青さや日差しの強さを体感したり。ブルーベリーの木は、実をつけていました。7月には、食べごろを迎えるのかな。




アトリエでは、N様邸明かり取りパネルの制作を始めております。




Nagako





| 日々 | 21:42│編集

今年の黄金週間


2018golden.jpg



golden2018.jpg



黄金週間も今日で終わりましたね。。。
今年も、甥っ子姪っ子が帰ってきてくれました♪

自分で考えていろいろ創るのが大好きな甥っ子は、今年はこ〜んなに可愛い女の人を作ってくれました。「ドレスは何色がいい?」「赤いハイヒールを履かせるんだ」と言って、あっという間にロマンティックな雰囲気の女の人を作っていましたyo☆

ピアノの鍵盤の上で遊ばせるだなんて素敵♡と、叔母馬鹿な私は思わずカメラを向けてしまった。ママに似ている人を作ったんだよね。本当にかわいいな!いつまでも変わらないでいて欲しい♡




現在、info@glasstobira.comが開けない状態が続いています。
ステンドグラスについてのご質問等ございましたら、引き続き glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。

パソコンのパスワードを変えたのをきっかけに、info@~が開けなくなってしまいました。
いい加減、設定し直さなきゃ〜




Nagako



| 日々 | 20:54│編集

| main | next »