色見本


iromihon20200526.jpeg


やっと少しほっと出来る状況になってきたのでしょうか。
世界中のニュースは依然として感染症一色です。
この歴史に残る感染症を克服した時には、どんな世界になっているのでしょう。ものすごく疲弊しているのか、乗り越えたという自信に満ち溢れているのか、歓喜に沸くのか、様々だと思うけど、今の時点で私としては、今の時期に出来ることをして、ものづくりをする人たちと乗り越えたい気持ちです。

とにかく、収束したわけではないので、しっかり睡眠と栄養をとり、適度な運動を心がけています。
(お互いに)みなさまも、引き続き体調に気を配って日々過ごしていきましょう。


ずっと作りたかったキルンワークでの小さな明かり取りを制作しています。
というわけで、キルンワークの色見本作りました。
硝子かわいい♡




websiteに記載しているメールアドレスは、現在使用しておりません。
お問い合わせなどは、nagakoglass@yahoo.co.jpまたは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。



Nagako





| kiln work | 20:50│編集

おいしそう?


usurahi20200505.jpeg


家にいよう 

少しずつ状況が良くなってきていると思うので、もう少しの辛抱
それから、最前線にいる方へ感謝です


和菓子を愛でる

和菓子の質感が大好き
甘いものはあんまり好まないので、見ているだけで大満足なのだけど
硝子で様々に作っていきたい




Nagako




| 制作日記 | 20:27│編集

ミニシアター


kokomo20200420.jpeg


こんにちは。

今日も近くの店へ買い物ついでに散歩。
もともと歩くの大好きで、こんな外出自粛などという事態になる前から散歩が日課ですが、余計なことは考えなくてもいいこの時間がより一層大事な息抜きの時間になっています。

大好きな熊本の映画館・Denkikan/電気館(ミニシアター)で観たい映画が2本あったのだけど(ムヒカさんのとロングデイズジャーニー)、それも観に行けず、1年以上前から楽しみにしていた久留米市美術館でのルート・ブリュックの展覧会(7月)も開催されるのかしら。。という状況。

でも、やることはやっています。
色々と試作を作っていて、この間も書きましたが、楽しみは自分の中にあるので、私の場合は気持ちの持ちようでなんとかなる。そうもいかない方もたくさんいらっしゃるので、軽々しく色々と言えないですが。



画像は、数年前に建築会社さんからのご依頼で制作させていただき、昨年、このステンドグラスパネルを気に入ってくださった方の新築住宅に取り付けられました。建築会社さんの窓辺にずっと飾ってあったものですが、好きな方がいらして嬉しいです!この水色の硝子には画像ではよく分からないのですが、気泡が入っており、また水色と透明が自然に流れていて、大好きな硝子です。アメリカのココモ社の硝子。最近、画像をいただきましたので、掲載いたしました。






info@glasstobira.comは、現在使用できません。
お問い合わせなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。




Nagako



| panel | 17:53│編集

明日で4年


camellia01-20200413.jpeg



camellia02-20200413.jpeg



こんばんは。
昨年8月にご注文を受け制作していたK様邸のステンドグラスパネル。
モチーフは、Camellia(椿)です。
建築会社(玄housing様)より画像をいただきましたので、掲載いたします。

施主様へのプレゼントとしてパネルをご依頼していただいたものです。
可愛いものがお好きで、なるべくピンクの濃い部分の硝子を使用して欲しいとのご要望で、椿の硝子をカットしたことを思い出します。お元気でいらっしゃるでしょうか。制作したものを後から見直すと、打ち合わせでお話した内容や施主様のお顔を思い出しますね。懐かしいです。


明日は、熊本地震の一度目の震度7から4年です。
特別なことが何もなくても、一日一日を過ごせていることのありがたさや、健康でいられることがどんなに幸せなのかを感じています。





info@glasstobira.comは送受信できません。
お問い合わせは、glasstobira@gmail.comまでお願いいたします。




Nagako






| panel | 21:32│編集

収穫


onion-20200409.jpeg



mame-20200409.jpeg



ゆっくりとした日々。
本日は、母と玉ねぎの収穫へ。
家庭菜園なのですが、割と沢山植えているので、多く収穫してご近所さんへもお裾分け。

太陽の光を通すと豆科の葉脈の線が美しく、くるんくるんと絡まりながら伸びている先端の造形も楽しい。自然が美しい色や形を教えてくれます。世界中で感染症の流行が続くこんな時だからこそ、土と触れ合ってのびのびとできることは幸せだなと思いました。畑なら家族以外の誰かと会うこともないだろうし、マスクしなくてもいいですしね!


制作は、キルンワークの作品に取り組んでいるところです。
今まで作りたかったものを形に出来たらと。
楽しいことはたくさん自分の中にある。




Nagako




| 日々 | 22:52│編集

M様邸ステンドグラスパネル取付後の画像


Msama01-20200326.jpeg



Msama02-20200326.jpeg



こんばんは。

以前、ご依頼いただいたM様邸のステンドグラスパネル取り付け後の画像をいただきましたので、掲載いたします!
フルール・ド・リス(fleur de lis)の意匠で制作させていただきました。赤い硝子を使用して欲しいというご要望でした。のびやかで広々としたフローリング、気持ちの良い空間です。赤い硝子が際立ってみえます。


Nagako


| panel | 20:05│編集

晴れ


kiyamajingu20200313.jpeg



clover20200313.jpeg



kamo20200313.jpeg



良いお天気の日は、散歩の時間がついつい長くなります。
先日、河川敷まで足を伸ばしてみたら。。。

途中の木山神宮の境内には、小さな木蓮のような花が咲く”黄心樹”(て書いてあったような)が、ひらひらと境内に花びらを散らせていました。その周りの樹々には、キツツキが穴を開けたような跡がありました。

河川敷には、クローバーがたくさんほこっていて、川には鴨がいてちょうど飛び立ったところをパチリ。この河川敷には、川沿いに桜が植えられているのでもう少ししたら桜の花が咲いてとっても綺麗です。

また別の日には、家庭菜園をされている畑を通りかかると、知らない方から沢山ネギをもらいました。
奥さん!ネギもらっていかんですか?と(奥さんか〜笑)たくさん収穫がありすぎて自宅で食べきれず、困っていたところへ私が通りかかったと。
こういうのってすごく嬉しいです!今度会ったら、またお礼言おう。
ああ、楽しかった!




Nagako




| 日々 | 21:20│編集

hyacinth


hiyasinsu20200302.jpeg



庭には春の花が咲いている。
この淡い色彩がたまらない。



最近思うのは、アナログで良質なフィルターを持つことが大事ってこと。


新型コロナウイルスの感染拡大が拡がっていますね。
1日も早い収束と、みなさまのご無事を願っております。




Nagako





| 日々 | 17:47│編集

シェードの修理


repair20200225.jpeg


repair01-20200225.jpeg



こんにちは。

随分前に同級生から依頼されて作ったランプ2つ。
赤いランプは10年くらい前、葡萄のシェードは、なんと!20年くらい前に依頼されて制作したもの。当時、硝子を見せて、この色のガラスでカットしようとか、クラシックな葡萄のデザインで、とかいろいろと好みを聞きながら制作したのを思い出します。この2つのシェードが、もうすぐ4月で発生から4年になる熊本地震で被害に遭い硝子数カ所が割れてしまって、修理を頼まれていました。最初は私自身も修理どころではなく、片付けや、少し経つと自分の暮らしの立て直しや、注文制作で精一杯で、同級生のシェードの修理は最後に後回しになっていて。。。今日、ようやく!!修理が完成しました。彼女もこの春ようやく仮の住まいからの引っ越しが決まったので、それに間に合いよかったです。

修理の流れは、まずは、割れた硝子を外し、なるべく近い硝子色で割れた箇所の硝子をカットし、半田付けします。葡萄のシェードは、同じ硝子がなかったのですが、同系色の別の硝子でもさほど違和感もないようで安心しました。
同級生は、赤いシェードをキッチンの天井を飾るペンダントライトとして使用していましたが、今回はテーブルライトとして使いたいとのことなので、葡萄のシェード同様、シェードサイズに合う鋳物のベースに取り付けます。


ちなみに、何回かお伝えしていますが、住宅に入れた(壁やドアや引き戸に取り付けた)ステンドグラスは、割れなどの被害が一切なく、ステンドグラスパネルが地震などの揺れに対して強いことを証明してくれました!







メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。



Nagako







| 修理について | 16:16│編集

もうひとつ


tree03-20200210.jpeg



tree02-20200210.jpeg



tree01-20200210.jpeg



N様より、もうひとつ「木の箱」のご依頼を承りました。
そして、本日完成♡
箱作りは、根気を要する仕事ですが、完成した可愛らしい姿を思い浮かべながら、硝子をグラインダーで削って微調整していく。今回は、イエローの硝子をオパルセント(乳白色を帯びた)にしてみました。クリアな硝子も好きですが、絶妙な透け感が私は大好きで、オパルセントグラスを多く使います。
こちらの「木の箱」もプレゼント包装してお届けいたします。プレゼントに選んでいただいて、とても嬉しいです!いつもありがとうございます!




"tree / 小箱"
size 蓋 120mm×65mm
箱の高さ 60mm



Nagako






HP掲載のメールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。



| komono | 21:40│編集

| main | next »