雨のあと


soratakasi20191124.jpeg



root20191124.jpeg



激しい雷と雨のあとは、美しい青空が。
気分転換に散歩に出かけました。
やっぱり私にとっては、毎日外へ出て季節を感じることが必要、と思う。
日焼けなどおかまいなしに、ズンズンとどこまでも。

現在、2件のご依頼をいただいており、打ち合わせ・デザインをしております。
ひとつはサンドブラストの作品。
あとひとつは、ステンドグラス。
どちらも喜んでいただけるものになりますように。






メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。





Nagako





| 日々 | 19:42│編集

カメラ忘れました


こんばんは。

本日は、岡村真理さん主催の「ツリーオーナメント作り」ワークショップでした。
カメラを忘れてしまって画像なし!(今はスマホじゃないからカメラ忘れたらアウトです。)しかも、岡村さん主催のワークショップ最後の日だったのに。。。何してんだろ私。今日で最後なのは、私の個人的な理由からですが、ワークショップを定期的に開催することは今現在は無理をしてしまう。ステンドグラス以外のガラスの技法での作品制作も増やしていきたいことや、注文制作にもっと時間を費やしたいので、今日で定期的に開催するワークショップを辞めさせていただきました。遡ると8年前くらいに岡村さんからワークショップ開催のお声掛けを頂いてからなので、そんなに前からお世話になってるのかと、今日で一旦終わるのは、淋しいなあと思います。今までご参加いただいた沢山の皆さんのお顔が浮かんで、楽しくて良い方ばっかりだったなあと思って、しみじみとワークショップの時間を振り返っています。リピーターも何人もおられて、何度も来ていただける幸せも感じたり。

今までご参加いただいた方々に本当に感謝しています!
ありがとうございました^^



Nagako


| ワークショップ | 19:48│編集

募集は終了しておりますが。。。


treews-20191110.jpeg



こんばんは。

今年もツリーワークショップの季節がやってきました。
毎回代わり映えしませんが、人気のツリーワークショップ。
おかげさまで、募集は終了しております。

11月19日(火)、2ヶ月ごとに開催している岡村真理さん主催のワークショップ。
満員となりました。

お申し込みいただいた皆様ありがとうございます。






Nagako




| ワークショップのお知らせ | 19:41│編集

T様邸ステンドグラスパネル完成


t01-20191028.jpeg



T様邸のステンドグラス完成いたしました。
オパールセントグラスで光をほどんと通さない硝子を使用しているので、手前の景色が反射してしまい、撮影が難しいですね。パネルのサイズがW300mm,H200mmと小さいのですが、はっきりとした色とジオメタリックなデザインで、存在感を出しています。打ち合わせをすすめる中で、以前から気に留めていたイタリアのある建築家のことを思い出し、分厚い作品集を取り出して眺めてみたり、、、。ご注文いただいた作品では、黒い硝子を使うことが初めてだったので、少し戸惑ったり。毎回良いものにするために試行錯誤しますが、T様の思い描くステンドグラスに近づきましたでしょうか。お気に召されることを願っております!



こちらは、木製フレームに入れて窓辺に飾られるとのこと。
フレーム制作は「門岡幸征木工製作所」さんにお願いしています。




"gio" T様邸
size W300mm,H200mm







メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。





Nagako







| panel | 16:00│編集

T様邸ステンドグラスとペンダントライト


t01-20191024.jpeg



t02-20191024.jpeg



t03-20191024.jpeg



t04-20191024.jpeg



t05-20191024.jpeg




本日は、先日納品したライトなどを撮影するためにT様邸へお伺いさせていただきました。
リビングの引き戸に取り付けられたステンドグラスパネル、お手洗いの引き戸にキルンワークで制作したガラス、ペンダントライト2つです。

住宅の設計は、今までも何度もステンドグラスのご依頼をくださっている、和後紀之1級設計事務所(同級生!)です。毎度感謝しています^^



T様邸は、すべての作品のデザインと使用硝子もお任せいただきました。
リビングのステンドグラスパネルは、樹々の重なり合い、葉の重なり合いをシンプルに表現しています。ずっとずっと幸せが続きますように、という想いでデザインしています。空の色のみ、アメリカの老舗kokomo社のグラデーションのある美しい水色の硝子と、透明の様々な質感の硝子が、玄関側から見ても、リビング側から見ても、とても美しく輝いていました。

キッチンを照らす"hyoutan"は、大きさもちょうどキッチンのカウンターに合うサイズで安心しました。この"hyoutan"も末広がりな良いイメージがあるデザイン。ふんわりと柔らかい色と形。


お手洗いの引き戸に取り付けられたキルンワークの硝子は、バニラと水色の硝子を透明の硝子に閉じ込めました。実際は、もっと硝子色がきれいに見えるのですが、写真だとこのくらいにしか映らず残念。


ファサードも素敵で構えよく、内部も工夫があり、良い家だなと思いました!



T様、この度はご依頼いただきありがとうございました。
お気に召していただけたら幸いです。





"tree" T様邸
size W500mm,H650mm

"hyoutan" T様邸
size H230mm, φ220mm

"i" T様邸
size 85角mm






Nagako




| panel | 20:10│編集

T様邸ステンドグラスパネル制作


h-sama01-20191021.jpeg



こんばんは。
新築住宅T様邸制作はじめました。

黒いガラスを使い、いつもと雰囲気が違うパネルです。
T様と打ち合わせでお話しした内容を受けて、黒、オレンジ、赤、茶のガラスを使いジオメトリックなものをイメージしてデザインいたしました。2つのデザインをご提案し、こちらをお選びいただきました。
本日、パテ詰めまで終了しました。完成が楽しみです。








メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。




Nagako




| 制作日記 | 20:29│編集

T様邸ペンダントライト


t-samalight20191020.jpeg



こんばんは。

台風19号により日本は大変な被害を受けてしまいました。
長野と東京の知人は無事だったのでほっとしましたが、ニュースでみる光景に唖然とし、とても悲しくなりました。熊本地震を経験したからこそわかる「一晩で景色が一変した」このショックは言葉では言い表せない。大変な思いをされている方々、大切な人を失った方々、、、今はとても辛いと思います。月並みな言葉ですが、頑張って欲しいです。
必ず夜は空けます!



T様邸のキッチン・カウンターを照らすペンダントライトが完成しました。
"hyoutan"と名付けた照明は、何度となく制作しているものですが、今回もどの大きさでモチーフを入れるのかを一から検討し、図面を引き直して制作しました。同じ照明でも、毎回同じではなく、毎回変えて空間にあう大きさなどを探っていきたい思いからです。
23日に現場でプロの方にお願いして撮影があるとのこと。リビング引き戸に取り付けられたステンドグラスパネル、お手洗い引き戸に取り付けられたフュージングのガラスとともに、どんなふうに写るのかとても楽しみです!私も、後日現場にお伺いして撮影させていただく予定ですので、取り付け後の画像も再度掲載いたします。






メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。



Nagako




| light | 19:58│編集

T様邸明かり取り


t01-20191007.jpeg



t02-20191007.jpeg



t03-20191007.jpeg


こんにちは。

先日納品してまいりましたT様邸ステンドグラスパネルの完成した画像です。
末広がりに幸せが続きますようにとの思いを込めて「木」を題材にデザインいたしました。デザインについてや、ガラスなども全てお任せ下さいました。アメリカ 老舗Kokomo社の、空を想わせる青いガラスと、様々な表情を見せる透明のガラスで制作いたしました。光を一度吸収して、そして解放しているよう。とても輝いています。

リビングの引き戸に入ります。


お手洗いの引き戸へ入る、キルンワークの板(フューズしたガラス)については、次回掲載します。



" tree T様邸 ”
size W500mm,H650mm





Nagako




| panel | 16:57│編集

見惚れてしまう


seisaku20190930.jpg


こんばんは!
前回の投稿から、随分と時間が経ってしまいました。
その間に季節も移り変わり、随分秋めいて。。。と言いたいところですが、まだまだ蒸し暑いですね。

制作中の画像は今後は載せないつもりもあって、ブログ投稿の間が空いてしまったのもあるのですが、そこはやはり制作工程も「いい!」と思える瞬間があって一度制作過程は載せないと決めたつもりがまた載せることに。

先日の、T様邸のパネル制作。
見惚れてしまう制作工程は、ケイム組みの工程。グラインダーでガラスを削り微調整をしては、ケイムに組んでいく作業。とても集中します。良いものに仕上げる!という強い気持ちを持ってやっています。次に組まれるのを控えているガラスたちもとても美しく見えてしまう。やっぱりガラス、ステンドグラスは良いなあと思える工程の一つで、自分最高とも思える瞬間。


こちらのパネルは、建具に入ります。
実はもう完成していて、本日、城南町の「きやま木工」さんへ納めてまいりました。
素敵な建具屋さんでした^^

次回のブログでまた完成した画像をアップします。





Nagako




| 制作日記 | 00:00│編集

本日はワークショップでした


ws01-20190904.jpg



ws02-20190904.jpg



ws03-20190904.jpg



本日は、Hütte(小屋、山小屋という意味)づくりのワークショップでした。
5名様にお越しいただきました。
コパーテープ巻き、ハンダ付けを体験するワークショップ。お申し込み時にあらかじめ、選んでいただいていた屋根のガラスは、それぞれ、赤2名、ブルー1名、緑2名。屋根以外の硝子もこだわって、それぞれ質感が異なる硝子でカット、準備してまいりました。今日お越しいただいた皆さんの中には、もうすでに4回いらっしゃった方も!2名様が初参加でした。Hütteは、直線だけなので割と作りやすいのですが、、リピーターの方はだんだんと上達されてるように感じました。一部が鏡になっているので実用性もあります。ぜひお部屋に飾ってもらえたら嬉しいです♪

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。



Nagako





| ワークショップ | 21:54│編集

| main | next »