ひかりが差し込む


i-01-20170710.jpg



i-03-20170710.jpg



i-02-20170710.jpg



ステンドグラスといったら、こんな具合に目線の位置で、外光や照明の光で、硝子越しにデザインや色合いを楽しむのが一番だと思っています。

I様邸は、玄関を入ってすぐ、目線の位置の(高い位置だと見上げなければ気がつきません)壁に明かり取りパネルが取り付けられ、写真撮影しに伺った私は、テンションが上がりまくりました。

なんて理想的な場所に取り付けられたんだろうと!




自分だけでなく(笑)
I様にもとても喜んでいただけました。



いつまでも見つめていたいステンドグラスを。
心が豊かになるステンドグラスを。





Nagako






| panel | 17:28│編集

Y様邸のペンダントライト


y-sama0120170708.jpg



y-sama0220170708.jpg



こんにちは。

Y様邸のペンダントライト、完成いたしました。

緑の硝子に、気持ちが落ち着きます。
透明部分は、フロレンティンと言う名の硝子で、ちいさな花模様の凹凸があるものです。

玄関に取り付けられるということで、コードは短めの40cmでお願いし、長さ調整のための木製自在もセットしています。E26で100Wまで。

アトリエでは、ダクトレールに取り付けていますが
引っ掛けシーリングがあれば、すぐに取り付けられます。


取り付けについては、ブログ中の「カテゴリ」の「ペンダントライトの取付について」の1と2をご参照くださいませ。イラストを描いて、説明しています。





Nagako





| light | 13:48│編集

住まいの提案、熊本。に掲載されました


sumainoteiann-kumamoto012017.jpg



sumainoteian-kumamoto022017.jpg



こんにちは。

本日は、住宅関係の雑誌に取材していただいたので、そのお知らせです。

『住まいの提案、熊本。』2017 summer VOL15
82ページの「旬 な ひと I n t e r v i e w」に掲載されております!

カメラを向けられるといつも緊張して顔がこわばってしまっていたのだけど、だんだんと取材にも慣れてきたのか!?笑って写真に収まっていてホッとしました。
ステンドグラスを始めた当初のことから、公募展に初入選した頃のこと、京都で勉強したこと、今現在の製作へ向かう時の気持ちや、始めた当初と今の作品の変化、などを記事にしていただいています。
そこには、熊本地震のことにも少し触れてあり。。。



ぜひ、書店で 『住まいの提案、熊本。』手に取ってみてくださいー♪





Nagako



| media | 16:49│編集

つぎにカットする硝子は


glass20170701.jpg


こんにちは。
ここ数日、むしむしと暑い日が続きますね。

製作に取り掛かった、オーダーをいただいているペンダントライト製作に使用するのは、この硝子です。私の定番のペンダントライトで、今回はこの硝子の組み合わせです。同じデザインでも、硝子色や質感が変わるだけで、また違った印象になるから製作していて楽しいです。

緑緑しい、とても美しいなあと思って、思わず写真に撮りました。

立体に組み上げて、灯りをともすと、平置きの硝子とはまた別の雰囲気に。




Nagako








| 制作日記 | 13:47│編集

壁の灯り


k-sama0220170629.jpg



k-sama0120170629.jpg



こんにちは。

本日は、K様邸の壁の灯り(ブラケット)を制作しました。
自重に耐え得る造りにするため、補強しながらの半田付けです。
半田付けが終わったら、汚れを拭き取り、半田部分を薬品を使い黒く染めます。

デザインは、ご主人が登山をされているということで、ずばり「山」です。グリーンの硝子は、濃いものと乳白色を帯びた淡いグリーンを使って、濃淡を出しました。濃いグリーンは、硝子の持つ縦の質感を活かして硝子をカットしています。霞の上には、高い山がそびえ立っている、というようなイメージです。

壁に直付けされるのですが、仕上がりを見るために、25Wの電球を後ろに置いてみました。直付けの際の木製台座は、門岡木工製作所にお願いしました。


このあとは、K様のお母様(旅宿を経営されています)からのご依頼、ペンダントライト製作に入ります。




Nagako




| light | 18:14│編集

ようやく梅雨らしく


s-rose0120170624.jpg


s-rose0320170624.jpg


s-rose0220170624.jpg



こんにちは。
ようやく梅雨らしくなってきました。
じめじめと湿度が高いのだけど、洗濯物が乾かないことと、大雨による災害は勘弁して欲しいが、決して雨は嫌いではなく、むしろ雨の音で気持ちが落ち着くので、この時期は好きです。


先日、完成したばかりのS様邸へ伺いました。
中学生の娘さんが描いた絵をもとに(ステンドグラス風に書いてくれてました)制作させていただいた明かり取りパネルです。玄関を入ると、目の前の壁に取り付けられています。隣の引き戸へ入る10㎝角緑色の硝子もご依頼頂きました。赤い硝子は、アメリカ ココモ社のグラデーションのある赤なので、単調にならずに深みがあります。バラのデザインも、よくあるマッキントッシュ風にならないように、細かいところを心がけました。




新しい家に引っ越したS様家レンくん(犬)がハグしてくるので(飛び上がって喜んでくれる)、犬が恋しくなりました。新しい家にレンくんも大喜び☆




ren20170624.jpg



Nagako




| panel | 16:12│編集

気泡


bara0120170622.jpg


kihou20170622.jpg



こんにちは。
U様邸明かり取りパネルは急ぎの仕事で、もうすぐ納品いたします。

花のモチーフで、ブルーとイエローを使って欲しいとのご要望でした。
大好きなアメリカのココモ社の硝子は気泡を含んでいて、均一ではない質感にわたしはすごく魅力を感じています。だけども、硝子を製造する時にできるシワみたいなものは、時には割れていると勘違いをされてしまうので、打ち合わせの時に、必ず硝子の持つ特徴だということを説明することにしています。

いつもご注文いただく建築会社さまからのご依頼で、プレゼントとしてU様邸の壁を飾ります。ありがとうございます。



今日は薄曇りの1日だった。



"blue-rose"
size 200mm角




Nagako




| panel | 15:53│編集

休日


dal20170618.jpg



pipe20170618.jpg



ダルドヴェールとパイプオルガン


琥珀色を帯びたような重厚な音色を聴いて、ゆっくりとした時間を過ごせました。




Nagako




| いろいろ | 17:50│編集

水色と黄色の


u-sama20170615.jpg


こんばんは。
本日の制作は、U様邸の明かり取りパネルでした。
おひとりおひとりの住まいに合わせてデザインしています。
U様邸では2つのデザインをご提案して、こちらのデザインに決まりました。ブルー系の硝子でという奥様のご要望とご主人の黄色をどこかに、とのご要望でこの組み合わせに。


ケイム組が終わった様子をパチリ。



Nagako









| 制作日記 | 20:24│編集

手描き


tegaki20170612.jpg


梅雨入りしたのに雨が降らないですねー。

K様邸のブラケット制作を始めております。

スケッチブックに描いたデザインを原寸大に拡大し図面にしていきます。
硝子をカットする際の、型紙を作るためです。
制作は何工程もあるので、完成するまで気が抜けません。



明日は、午前中が明かり取りパネル取り付けの説明のため現場へ。
午後は、明かり取りパネルの打ち合わせです。




Nagako





| 制作日記 | 15:01│編集

| main | next »