もうひとつ


tree03-20200210.jpeg



tree02-20200210.jpeg



tree01-20200210.jpeg



N様より、もうひとつ「木の箱」のご依頼を承りました。
そして、本日完成♡
箱作りは、根気を要する仕事ですが、完成した可愛らしい姿を思い浮かべながら、硝子をグラインダーで削って微調整していく。今回は、イエローの硝子をオパルセント(乳白色を帯びた)にしてみました。クリアな硝子も好きですが、絶妙な透け感が私は大好きで、オパルセントグラスを多く使います。
こちらの「木の箱」もプレゼント包装してお届けいたします。プレゼントに選んでいただいて、とても嬉しいです!いつもありがとうございます!




"tree / 小箱"
size 蓋 120mm×65mm
箱の高さ 60mm



Nagako






HP掲載のメールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。



| komono | 21:40│編集

order / lily 小箱 / 完成しました!


lily01-20200129.jpeg



lily02-20200129.jpeg



lily03-20200129.jpeg



N様よりご注文いただいておりました、百合の箱が完成しました。

デザインは、ほんの少しだけですが、花びらとおしべを変えています。ブルザイ社の硝子の特徴であるキャットポー(猫の肉球)と呼ばれる部分から入る光が美しいです。蓋部分を、自然光や、ランプの光にかざすと、蓋をしている時には気付かなかった魅力にハッとします。これが、この箱を持っている人だけの楽しみで、すごくいいなあと思うのです。プレゼントをされるとのことですが、この箱がお気に召していただけたら嬉しいです。

私たちの仕事は、平和な時でないと成り立たないことをひしひしと感じて、制作できる喜びを感じています。

N様、この度はご依頼いただき、ありがとうございました!
今度、お届けにまいります^^





"Lily / 小箱"
size 蓋 120mm×65mm
箱の高さ 60mm



Nagako



| komono | 20:58│編集

木の箱 と 百合の箱


tree01-20181001.jpg



tree03-20181001.jpg








lily02-20181001.jpg



lily01-20181001.jpg



今日から10月、早いものですね。
今年もあと3か月です。


N様よりご注文を承っておりました2つの箱が、完成いたしました。
以前制作した木の箱とは、使用した硝子が異なる(白い硝子以外)のですが、同じような柔らかい雰囲気になりました。違う硝子だと、全く別の作品になってしまうくらいに雰囲気が変わるので、できあがりにホッとしています。星や光を表している黄色い硝子部分(丸い部分、3つ)以外は、オパルセントグラスといいます。乳白色を帯びた緑や、空に使用した乳白色を帯びた水色の硝子(水色の中に黄色味が混じっていたり。。。そこが、たまらないのです!)を使用するからこそ、この柔らかな雰囲気が出ます。



百合の箱は、以前のものより、少しだけデザインを変更いたしました。ゴールドピンクや、ブルザイ社の乳白色をまとったピンクが効いています。以前もそうしていたように、葉に緑色の硝子を使用せずに、百合のみに華をもたせました。緑を使ってもいいのかなとも思うのですが、使わないほうがこの百合の雰囲気に合うような気がしています。

蓋の部分を透かして見ると、本当に美しくて、ステンドグラスに私が求める「いつまでも眺めていたい」が、実現できているのではないかと思いました。


飛行機で手荷物としてお持ちになるということなので、梱包(ラッピング)も頑丈にして、お届けいたします。


N様ご家族には、以前より何度もご購入いただいており、この度はお友達へのプレゼントとしてお選びいただいたこと、本当に嬉しく思っております。


この度は、ありがとうございました♡






木の箱
size 横12cm 縦6.5cm
箱の高さ5cm



百合の箱
size 横12cm 縦6.5cm
箱の高さ6cm





Nagako



| komono | 20:58│編集

一部変更を加えました


pierce20180809.jpg


一時的になるかもしれませんが、ピアスは、樹脂パールのピアスキャッチにしています。jam jam.さんがご参加の今月19日の「銀羊・舎さん」での展示の際に、並びます。
大量生産ができないので、アクセサリーは8点のみの展示です。



Nagako


| komono | 22:38│編集

8月には...


毎年、8月6日と9日には、できる限り「原爆追悼式典」のテレビ中継を見て、市長の「平和宣言」と小学生二人による「平和への誓い」の言葉を聴きたいと思っている。(あいにく本日長崎の式典の模様は外出しており、聴くことが出来なかったけど。。)発せられる言葉を聴いて、当時の、投下の瞬間やその後のことを想像してみることが大切なような気がして、そうしている。



Nagako



| komono | 21:52│編集

納品いたしました


klun0120180627.jpg


klun0220180627.jpg


kilun0320180627.jpg



ゆっくり、そして少しずつですが、作り始めたキルンワークのピアス。

jamjam.さんへ納品いたしました。



先月の村田工務店さんでのワークショップでは、お二人の方がつけてきてくださいました。
嬉しい嬉しい♪ありがとうございます!




Nagako





| komono | 18:06│編集

photo frame


photo-20180621.jpg



こんにちは。
本日は、梅雨の晴れ間といった空模様。
今頃になって、冬物の手洗い洗濯をせっせと。


photo frameのご注文を承りました。
陶芸家 星乃さんとの二人展 "雲ノマニマニ"の際に発表したものです。
milk teaのようなこっくりとした色合いの硝子とザラメのような質感の硝子の組み合わせ。
L判サイズ(W127mm,H89mm)の写真が入るphoto frameです。

お気に入りの想い出のお写真を入れて欲しいなあ。
気に入ってくださいますように。

プレゼントとして贈られるということなので、ラッピングをしてお渡しいたします。

ご注文いただき、ありがとうございました。




Nagako



| komono | 14:45│編集

「蔵書票展」 古書 汽水社にて開催中です!


zoushohyou20180522.jpg



p20180522.jpg



蔵書票、素敵ですよね。
その存在を知るには知っていたし作りたいとも思っていた時期もありますが、日常的には馴染みがないものでしょう。熊本を中心にご活躍の陶芸家やイラストレーター、画家などが蔵書票を創り、古書 汽水社さんにて展示販売しています。私は、納品なども兼ねて拝見してまいりました。小さな作品、自分だけの大切なものにしたい作品が見つかるかも。大事に、額に入れて飾りたいような作品がありました。


汽水社さんに納品したのはキルンワークのアクセサリー。
納品前に写真を撮ろうとしたら、みっくんが邪魔してきたの図。


蔵書票展 Exlibris2018
2018.5.19sat→27sun 11:00→18:00

古書 汽水社 熊本市中央区城東町5-37-1F(上通り並木坂沿い) 定休日/第2第4木曜日


同時開催  なかお画廊






明日は、村田工務店さんでのワークショップです。
雨のようですが、はりきって行ってまいります。




Nagako




| komono | 22:53│編集

tray / トレイなど小物を納品


tray0120161021.jpg


tray0220161021.jpg


本日は、コンフォートハウスのFLAT CAFEさんへ小物の納品をします。

trayなどの小物で、数は多くはありませんが、ランチの合間にでもご覧いただけたらなと思います。


tray。。。
しっかりと丁寧に作っていますが、構造はとてもシンプルな作りで、
「やさしくて静かな佇まい」を醸し出すように作りました。
沢山のものに囲まれる。。ではなく、物ひとつひとつを大事にして長く使う暮らしの中にあったらいいなぁという感じでしょうか。わたしの物作りは、いつもそんなような所を目指しています。


FLAT CAFEさんでは、今月25日ワークショップを開催させていただきます。



Nagako






| komono | 10:04│編集

支度


kumonomani~0120161015


kumonomani^0220161015


支度。。
最近は、冬支度や ワークショップの支度や 委託販売の支度や
ご注文を受けてご提案の支度。
いろんな支度をしているなあと思う今日この頃です。

写真は、小物の委託販売をさせていただく支度です。
どうせなら写真でも撮っておこうという寸法です。


kumono-manimani/雲のまにまに

というタイトルで、葉書などをちょっと保管しておくときの箱として制作しました。



Nagako







| komono | 16:00│編集

| main | next »