長崎への旅 #3教会


church20151213.jpg


church20151206.jpg


26seijindo.jpg

ここはスペインではありませんよ。長崎です。

まるでガウディのような建築は、教会なのです。
やはりステンドグラスを制作しているものとしては、旅に出れば訪れたい場所の一つが教会です。

ガウディ研究の第一人者である建築家 今井兼次さんによって1962年建築されました。それ以前の教会は、原爆で崩壊してしまったそうです。わたしが今年、教会のステンドグラスの制作をさせていただいたことを話すと、係りの方がいろんなことを丁寧に説明してくださいました。

屋根の形などあらゆるデザインに意味を持たせ、タイル使いの塔や、扉の取っ手、ステンドグラス、etc.etc....ものすごくこだわって作っていることがガンガン伝わって来る!
すごい!さすが建築家である!!と思いました。

仕事はただやっても面白くないので、工夫をする必要がありますね。それには、勉強が必要です!知らないことは無限にある。美しいものを作るために、日々、勉強です!


Nagako

| 旅のはなし | 09:50│編集

長崎への旅 #2冨士男


fujio02.jpg


fujio.jpg


長崎への旅は、短い旅だったけど、すごくよい時間を過ごせたので、3回にわたって書きますね。


「珈琲 冨士男」
名前が素敵でしょう?笑
フルーツサンドが美味しいと知人に教えていただいたので、伺いました。
フルーツサンドは、また熊本から3時間かけて食べに行きたくなるくらいに、幸せ〜♡な気分を味わえる美味しさでした!そして珈琲!珈琲を苦手としている私もこちらへ伺って、琥珀色のよい香りにうっとり。あまりの美味しさに、豆を買って帰りました。

フルーツサンドは、注文を受けてから作られていて、作っているその手をすこし離れた席から注目していました。すごく大切にイチゴやキュウイなどを切って、パンにマーガリンのようなものを塗って、フルーツをパンに挟んでいました。その手に、雑な感じや、焦りなどは感じられず、すごく丁寧に。だからといって、もたもたしているのではなくて、「プロフェッショナル」を感じました。

マニュアル化していない応対も、このせわしない世の中ではすごく新鮮だったりします。本当にゆったりとした豊かな時間を堪能できて、もっとここに居たいよう!と思ったのですが、高速バスの時間が迫ってきて、席を立ちました。

長崎までは頻繁には行けないので、熊本でフルーツサンドと珈琲の美味しいお店探したいな!落ち着いた雰囲気の純喫茶が大好きです。

Nagako

| 旅のはなし | 19:51│編集

長崎への旅 #1ミナカケル


minakakeru0001.jpg


minakakeru0002.jpg


旅の目的は、10数年前から大好きなミナペルホネンの「ミナカケル」
(長崎県美術館:隈研吾設計)へ。

服よりは、皆川さんの描く絵やテキスタイル、著書、そして人となりや今までの「歩み」に影響されてきました。

10年前くらいに、NHKで「トップランナー」というトーク番組があって、皆川さんが出演された回を録画して繰り返し見ていました。MCの山本太郎さんが、「尖ってない人」と言ってたのを思い出す。いわゆる服飾デザイナーのイメージとは懸け離れた、普通の雰囲気のちょっとシャイな感じの皆川さんに私は魅了されてしまった。それ以来、心配事などに対して、こんな時、皆川さんならどう考えるだろう?とか、お会いしたこともないのに、勝手にまるで「先輩」のような親近感を抱いています。決して威張らない、真面目な、地道な、そんなところが感じられ、憧れます。

たくさんの写真を撮って、どれを載せていいのかかなり迷いますが、自分が買うのならばこの服!という視点で選びました。

いわゆるリトルブラックドレス♪
わたしの持ってるリトルブラックドレスは、J&M DAVIDSONのもので、10年以上前に購入し、大切に着ています。わたしはすごく物持ちがよいのです。
2着目は、ぜひこのワンピースが欲しいです。

展示内の、皆川さんの言葉が印象的で、感動して涙してしまいそうだった。
スポーツメーカーのTシャツ姿でアイロンかけてる皆川さん。

やはり訪れてよかったです!!

Nagako

| 旅のはなし | 21:05│編集

富士山ー!!


hatukansetu-fuji.jpg


nezu.jpg





こんばんは。
旅というほどでもない、ちょっと用事もあって、東京へちいさな旅をしてきました。

飛行機が離陸する時の、わくわくどきどき感が、大!大!大好き!なので、「翼の王国」を読むのは後からのお楽しみにして、車輪が宙に浮いた瞬間ふわりとするのを、大人げもなくニヤニヤしながら待っています。

旅先で、行きたい場所へ行ってみて、webで見たのとちょっと違うな〜とか、なーんだこんな感じかとか、想像してたよりずっといいなーとか、いろいろ感想を持つけど、やはり行ってみないとその場の空気感だとか周りの景色を含めた現状がわからないですし、行かなきゃよかったってことは今までないです。なーんてことを思った旅でした。

初冠雪の富士山、空の上からこんなに鮮明に見えました!


Nagako

| 旅のはなし | 20:59│編集

ニコライ堂/東京散歩


church-nicholai.jpg

こんにちは。
先日、東京へ行ってまいりました。
旅の目的はいくつかあって、そのうちの一つはニコライ堂を訪れること。
明治中期に完成した国指定重要文化財のニコライ堂(日本ハリストス正教会)は、 ビザンチン様式の荘厳なドーム建築で、柱の造形などいたるところが素晴らしくて時間を忘れて見とれてしまいました。建築家ミハイル・シチュールポフ、ジョサイア・コンドルの設計です。

教会のステンドグラス制作をご依頼いただいておりますので、制作に最善を尽くすため、制作の直前ではあるのですが、ぜひ見ておきたいと思ったのです。夕方の礼拝まで見学させていただきました。感謝申し上げます!


この日は、国会議事堂も見学してきました。
何といっても本会議場や中央広間のステンドグラスが見たかったのと、東京に住む知人が、永田町の独特の雰囲気は一度味わってみてほしいとのことで!永田町の駅から地上に出ると、ほかの町とは全く空気が違いました。しばらく歩いて国会議事堂が見えると、ニュースや教科書でしか見たことがない威厳漂う外観に興奮気味に☆建築好きな方でなくても、ぜひ一度見学をおすすめします。

最終日は、吉祥寺のカフェで東京の友達とランチ。
友達の娘ちゃんもおしゃべりできるようになっていて、雨降りのこの日、マリメッコの赤い花のレインコートが似合っててかわいかった♪

旅好きなわたし、今度はどこ行こう?と考えるだけでもワクワクします。
でもその前に、制作などなど精進します!

nagako

| 旅のはなし | 18:36│編集

心うるおす旅


今夜は、ワークショップ。
準備も万端、はりきってまいります。

先日の旅の記録、たくさんの美しいモノを見てきました。そのなかから選りすぐって三枚の写真です。

京都大学近くの吉田神社にて、お茶生産者のマーケット「吉田山大茶会」が開かれていており、行って来ましたよ。その情報は、ちゃのわのかいnaokoさんからお伺いしまして!

その中のひとつ、奈良で中国茶をはじめとしたお茶の教室をされている「囍茶(きちゃ)」さんのお茶会へ参加してきました。机にひいてある布などは、その時にお出しするお茶で染めたものを使うなど、お茶まわりの空間づくりにまでこだわっているところが本当に素敵。このときは、奈良県産の紅茶。そしてお菓子は、水無月。

hibi024.jpg




それから、同志社大近くの京菓子資料館でいただいた「あじさいきんとん」

まずは、眺める。眺める。眺める。
そして、味わう。この日は特に行くところを決めていなかったのですが、つらつらと歩いていたら、以前から行ってみたかった所に辿り着いていました。とてもとてもやさしいお味が、蒸し暑さを吹き飛ばしてくれて、感動しました。

ピエブックスから出ている「和の菓子」で、昔の和菓子の図案を見て以来、和菓子の美しさに魅せられつづけています。たぶん硝子と共通する「透明感」があるからなんだと思うのですが、すごく惹かれます。しっとりとした風情といい上品さとといい、和菓子の意匠に学ぶところが多いです。

hibi025.jpg


和菓子屋の包み紙もかわいいのが多くて、地味に集めていますっ。しかし今回は収穫なしでございました。




それから倉敷。
かなり蒸し暑かったこの日の倉敷、真っ先に行ったのは、倉敷中央病院。

京都で勉強をしている時にお世話になった先生が制作されたステンドグラスを見学。
しばらく遠くから眺めて、椅子に座り、また近くから眺めて。


いつか、公共の建物にもステンド入れる日が来ますように!

hibi026.jpg


以上、私なりの旅の記録でした。


やっぱり「透明感」のあるものが好き。


nagako

| 旅のはなし | 12:48│編集

大分へ


equinox.jpg

ramuneonsen.jpg

10日ちょっとごぶさたしておりました。
朝晩は涼しくなって、気分としてはすっかり秋です。昼間は日差しが強いけれど、気分が秋なので、油断をして日焼け止めを塗らずに外出をしていたら、腕がほんのり小麦色になってしまいました。

先日、大分equinox(エキノックス)さんへ小物やランプの納品に行って参りました。
全国のクリエーターの作品が集まるセレクトショップです。それぞれの個性を持った、素敵なものがたくさん。
お近くの方、どうぞご覧くださいね♪

equinoxさんのH.Pはこちら→

せっかく大分まで行くのなら!ということで、ずっと気になっていた『ラムネ温泉館』(藤森照信設計!)にも行って来ました。焼杉を使った外観、周りの山と建物の屋根の関係、建物全体のかわいさ、かなり興奮してしまいました。

そして、せっかく大分まで行くのならと、納品後、別府の町も楽しんできました。
遅ればせながら夏休みといった感じで、良い刺激をもらって気分も新たに進んでいけそうです!

nagako

| 旅のはなし | 17:39│編集

| main |