order / K様邸sandblast


K01-20200207.jpeg



K02-20200207.jpeg



K03-20200207.jpeg


今日はしとしと雨が降り、寒い1日でした。

画像は、昨年ご依頼を承り、近々納品する予定の新築K様邸サンドブラスト作品です。
ふくろうとヤモリの2枚を制作させていただきました。

ヤモリも透かして撮りたかったのだけど、なかなか上手いように撮れないものです。
撮っている側がガラスに映り込んだり、実際に見ている像のようには細かいところが撮れていません。砂の圧力で硝子を削ることで表現するサンドブラスト。同じデザインを、2通りの彫り方で何枚も試し、その時々で当てる砂の量や時間や強弱で違いますので、その違いを確かめました。彫る順番があり、彫っては次の彫りへ彫っては次へと、何回もの段階を経てやっと完成します。特にふくろうの羽の表現は何度も何度も彫りをかけています。ご指導いただいたのは、サンドブラスト工房 イル・チェーロの田中先生です。昨年に引き続き、今回もお世話になりました。
K様にお披露目したところ、お気に召していただけるものが出来てほっとしています。


壁に取り付けられます。
取り付けられるのが、楽しみです!





" ふくろう " & " ヤモリ "
size 150mm角






HP掲載のメールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。



Nagako







| sandblast | 17:49│編集

ハナミズキ / サンドブラスト作品


hanamizuki01-20190422.jpg



hanamizuki02-20190422.jpg



hanamizuki03-20190422.jpg



こんにちは。

和水町の木工家 小野 弥さんにお願いしていた木製フレームが届きました!
先日より数回にわたりブログに掲載しているM様からのご依頼で、ステンドグラスに組み込むために製作した何枚かのハナミズキをモチーフにサンドブラストした硝子の中からこの作品もお気に召していただき、フレームに入れて新居の窓辺に飾りたいとのことでした。
ちょうどその頃、小野さんは島田美術館で展示会をされていたので、その時に注文していて、本日届けに来てくださいました!

木は、ウォールナットにオイル仕上げ。
押さえ縁は四隅がぴったりとフィットしていてビスでとめなくても外れない精緻な仕上がり!フレーム表も面取りしてあり、この丁寧さと上質さは、さすが小野さんだ!と感動してしまった!M様も喜んでくださること間違いなしです!
小野弥さんに感謝!

この硝子は、ドイツ ランバーツ社のもので、3層構造なので、サンドブラストの仕方によっては、このようにグラデーションが色で残ったりして楽しいです♡改めて、サンドブラストをご指導いただいた、田中久美子先生に感謝です!


新築のM様邸へ、お届けに伺うのが楽しみです^^

M様、この度はたくさんのご依頼をいただきありがとうございました!




Nagako







| sandblast | 17:10│編集

| main |