オレンジいろの空


mirror20180731.jpg



orange20180731.jpg



こんばんは。

画像は、ご注文いただいた壁掛けのミラーの制作の様子。
コパーフォイルで制作しています。


夕方の空は、とても美しくて、思わず庭に出て写真を撮りました。
オレンジやピンクに染まる雲。
こんなに綺麗な夕焼けだから、きっと明日も晴天なのだなー。




Nagako




| 制作日記 | 20:15│編集

修理2枚目・パテ詰め


repair20180730.jpg


こんにちは。
台風12号が九州をやっと過ぎ去ってくれました。
ずっと続いていた暑さはおさまって、今日はしのぎやすいです。


建築会社さまがご購入、窓辺で飾っていただいていた200mm角のパネル修理をいたしました。以前にも書いたかどうか記憶が曖昧ですが、2年3か月前の熊本地震で床に落下、硝子の一部が割れてしまいました。新築住宅に入るパネルのご注文の受注制作や諸々で時間が取れず、また、「急ぎませんから」と言うお言葉にも甘えて、ずいぶん経ったいま修理をしています。

以前は、セメント系のパテを使っていたので、硝子がパテに食い込み、硝子片がケイムからなかなか外れない!ということで、ルーターで硝子片を時間をかけて削っていくことで解決しました。切り直した硝子をケイムに組み込み、ハンダ付け、パテ詰めをするところまで、ようやくたどり着きました。このセメント系パテを使った要修理のものがあと1つと、コパーフォイルで制作のものが1つあるので、修理が終わるまでは落ち着かない。。。



Nagako




| 制作日記 | 15:44│編集

修理・パテ詰め


pate20180707.jpg



こんばんは。
広範囲の豪雨の被害状況をテレビで見ているだけで、涙が出てきそう。
どんどん浸水してどこにも逃げようもなかったと思います。危険な状況にある方々、どうぞ持ちこたえて欲しいです。



本日は、T様邸打ち合わせでした。
デザインを、早速始めたいと思います。

画像は、修理の様子。
硝子をできるだけ以前の色や質感に近い硝子でカットし(在庫に同じ硝子がない場合や、廃盤になってしまう硝子があり、修理の場合は止むを得ず、似た硝子で切ることもあります)ケイムに組み込み、接合部分をハンダ付けして、パテ詰めをします。余分なパテを取り除いているところをパチリ。




Nagako





| 制作日記 | 20:02│編集

修理


mizuumi20180706.jpg


こんばんは。
雨が各地で降り続いていますね。
毎年のようにどこかで雨による被害も起き、悲しくなります。。。


修理。
建築会社さん事務所の窓辺に飾っていただいてたパネルですが、2年前の熊本地震で床に落ち、割れてしまったものです。全部で4枚ありますが、最近になり、ようやく修理を始めました。急がないからというお言葉に甘えて、優先順位は下の方になっておりました。時間のあるうちに、修理を進めたいと思います。

明日は、施主様との新築住宅に入るステンドグラスの打ち合わせです!



追伸:info@glasstobira.comは、引き続きメールの送受信ができません。(再設定試みましたが、いろいろと複雑で断念。再度設定試みます。)お問い合わせは、glasstobira@gmail.comまで、よろしくお願い申し上げます。



Nagako



| 制作日記 | 20:44│編集

I様邸ステンドグラス制作


i-sama-20180614.jpg



I様邸ステンドグラス明かり取りパネルの制作の様子。
画像は、硝子カットが終わって、ケイム組ももう少しで終わる一歩手前です。


info@glasstobira.comは、ひきつづき開けない状態です。
お問い合わせは、glasstobira@gmail.comまでよろしくお願い申し上げます。



Nagako


| 制作日記 | 16:49│編集

N様邸ステンドグラス明かり取り制作


nsama0120180528.jpg



nsama0220180528.jpg



nsama0320180528.jpg



こんばんは。

今日、熊本県を含む九州北部が梅雨入りしましたね。
これからはしばらく、雨と仲良く。被害が出ない程度に降って欲しいです。


先日から制作を始めていた、N様邸の制作途中の様子です。

硝子切りが終了した後からの幾工程かを掲載してみました。「制作には、どのくらいの時間がかかりますか?」と、よくご質問を頂きますが、どんなものを制作するかで、同じサイズでも制作にかかる時間が随分違ってきます。


3枚目の画像は、パテが硝子凹凸に入り込むのを防ぐ養生テープをしてのパテ詰めの様子です。




Nagako





| 制作日記 | 21:32│編集

N様邸ステンドグラス制作


budou20180427.jpg


N様邸の明かり取りパネルステンドグラス制作の様子です。
ケイム組まで終わったところ。

ワインがお好きなまだお若いご夫婦が今回の施主様。「ぶどう」のデザインで、とのご要望をとても意外に感じていたのですが、ワインがお好き♡ということで納得いたしました。確か、結婚式の案内状もぶどうのデザインのものを選ばれたとおっしゃっていました。打ち合わせでお会いした時に感じた、すごく仲の良い雰囲気のお二人を思い浮かべながら2つのデザインをして、決まったデザインがこちらのものでした。

お二人でワインを飲みながら、ぶどうのデザインのステンドグラスを観て、寛いでいただくことを想像しながら制作しました。

今は、パテ詰めまで終わり、パテ乾燥待ち&ひたすらパテ掃除をしています。
あと少しで完成です。





Nagako






| 制作日記 | 20:34│編集

T様邸明かり取りパネル制作


t-20180404.jpg



先日のT様邸の明かり取りパネル制作中の様子です。
本日、ケイム組み、ハンダ付け、パテ詰めまで終わりました。オレンジ色の花が可愛らしいデザイン。

また後日、完成した明かり取りパネルを掲載します。



Nagako



| 制作日記 | 20:27│編集

硝子カット


i20180316.jpg


春めいてきたと思ったら、今日の夕方くらいからまた寒くなってきましたね。
明日の日中は、また気温が上がるらしい。三寒四温を繰り返して春になるのですね。

先日アップした、「I様邸二世帯住宅」の息子さんのお宅には、明かり取りパネルを取り付ける適当な場所がなかったので、玄関の収納棚の上に自立するタイプのもので、新築の記念になるようなもの、というのがI様のご要望でした。
デザインを2パターン考えてご提案して、今制作中のものに決まりました。
ステンドグラスがおさまる木製の奥行きのあるフレームは、門岡木工製作所にお願いして、すでに納品していただいてます。ステンドグラスも仕上がったので、あとはフレームに取り付けるだけ!
また、後日完成画像掲載します。




Nagako


| 制作日記 | 20:34│編集

I様邸


i-sama0120180306.jpg



i-sama0220180306.jpg


昨日は、I様邸の明かり取りパネル制作をいたしました。
2月の初めにI様と打ち合わせをさせていただいて、その後、200mm角でシンプルなデザインをご提案。この硝子の組み合わせは、落ち着いていてすごく好きな組み合わせで、今はパテを乾かしているところですが、光にパネルをかざしては、硝子に向かって”良いなぁ”と頷いているところです。


パテ詰めの工程について話すときに、パテは、どこに詰めているの?と聞かれることがあります。
2枚目の画像でお分かり頂けると思いますが、ケイムと硝子間の隙間1-2mmに黒パテをヘラで詰めていきます。その前段階として、固い黒パテをテレピン油で溶いて、柔らかく練っていく必要があり、その点もなかなかの力仕事です。


またパネルが完成しましたら、掲載いたします。



Nagako


| 制作日記 | 11:43│編集

| main | next »