T様邸ステンドグラスパネル制作


h-sama01-20191021.jpeg



こんばんは。
新築住宅T様邸制作はじめました。

黒いガラスを使い、いつもと雰囲気が違うパネルです。
T様と打ち合わせでお話しした内容を受けて、黒、オレンジ、赤、茶のガラスを使いジオメトリックなものをイメージしてデザインいたしました。2つのデザインをご提案し、こちらをお選びいただきました。
本日、パテ詰めまで終了しました。完成が楽しみです。








メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。




Nagako




| 制作日記 | 20:29│編集

見惚れてしまう


seisaku20190930.jpg


こんばんは!
前回の投稿から、随分と時間が経ってしまいました。
その間に季節も移り変わり、随分秋めいて。。。と言いたいところですが、まだまだ蒸し暑いですね。

制作中の画像は今後は載せないつもりもあって、ブログ投稿の間が空いてしまったのもあるのですが、そこはやはり制作工程も「いい!」と思える瞬間があって一度制作過程は載せないと決めたつもりがまた載せることに。

先日の、T様邸のパネル制作。
見惚れてしまう制作工程は、ケイム組みの工程。グラインダーでガラスを削り微調整をしては、ケイムに組んでいく作業。とても集中します。良いものに仕上げる!という強い気持ちを持ってやっています。次に組まれるのを控えているガラスたちもとても美しく見えてしまう。やっぱりガラス、ステンドグラスは良いなあと思える工程の一つで、自分最高とも思える瞬間。


こちらのパネルは、建具に入ります。
実はもう完成していて、本日、城南町の「きやま木工」さんへ納めてまいりました。
素敵な建具屋さんでした^^

次回のブログでまた完成した画像をアップします。





Nagako




| 制作日記 | 00:00│編集

K様邸制作


K-sama01-20190820.jpg



K-sama02-20190820.jpg



むしむしと暑い一日です。
少し前よりいくぶんかは暑さが和らいだ気がするけど、早く涼しくならないかなー、と思う今日この頃。

先日、再度打ち合わせをしてデザインが決定したK様邸の制作の様子です。

椿のデザインで制作するのは、もう何度目だろうか。
自分の作品のために何年も前に制作していたパネルが最初だったのですが、気に入っていただくことが多いデザインになっています。今回は、可愛らしいものがお好きな施主様のご要望に合わせて、花びらに使用する色硝子をピンクが強い部分でカット。ステンドグラスを立てて硝子が透けている時には、もう少し淡い色に見えます。乳白色とピンクが混ざり合う硝子(オパールセントグラスといいます)を使うのも、自然な椿の花びらに近い色合いに見せるためです。現在、パテ詰めが終了して、パテの乾燥を待っています。





Nagako




| 制作日記 | 17:04│編集

新築住宅M様邸制作はじめました


mo-20190618.jpg


こんばんは。

先日より、M様邸の制作始めております。
打ち合わせの際、特にステンドグラスについて鮮明なイメージはされていなかったのですが、M様の「花」「華やかに(明るい感じ)」という言葉に着目してデザインいたしました。詳細はまた次回の投稿に綴ります。







メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。





Nagako







| 制作日記 | 22:23│編集

design


design20190528.jpg


ただ今、新築 M様邸のデザインの最中。
最近は、自分よりも年上の方からのご依頼が多いのですが、これもあの大きな揺れ以降の時勢だなと。そこへ住まう方の気持ちが上を向くような作品を制作していきたいと思います。



nagako




| 制作日記 | 20:41│編集

M様邸制作


m-sama-20190326.jpg


M様邸ステンドグラス制作のケイム組の様子です。
こちらは、開け閉めの出来る欄間部分に入るステンドグラス。
硝子は、一部変化を持たせるために変えている部分がありますが、同じデザインで2枚制作します。

黒い硝子に見えますが、立てると色味が分かります。
パープルブラウンと呼ばれるアメリカ Kokomo社の硝子で、なんとも絶妙な色合い。
渋みのある色調で、いつか使ってみたかった硝子です^^







info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。



Nagako



| 制作日記 | 20:24│編集

ハナミズキ / サンドブラスト


hanamizuki20190319.jpg



M-sanma20190319.jpg



こんばんは。

M様邸のステンドグラス制作は、お受けしている事の半分が終わったかなというところです。

建具に入るステンドグラスパネルには、「ハナミズキ」をサンドブラストしたものを組み込みます。サンドブラストをご指導いただいた先生は、「サンドブラストガラス彫刻 イル・チェーロ(ilcielo)」主宰 熊本県文化懇話会会員でいらっしゃる田中久美子先生です。
面識もなかったので、ドキドキしながら電話をいたしましたが、ご指導いただきたい旨をお伝えしたところ、ご快諾くださいました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです!!

先生の工房で(熊本フードパル内)教えていただきながら、ガラスの種類を変えながら、(当たり前のことですが)何枚も試してM様にお見せできる3枚ができました。その3枚の中から選んでいただいたのが、淡いピンクと乳白色の流れのある画像の硝子です。
やわらかくて優しくさりげない雰囲気が堪らなく好きです。
砂を当てる時間や砂を当てる箇所を考えながら削っていく作業、その前段階の作業、とても楽しかったです!硝子の色や質感の様々なもの、また被せ硝子でも試してみましたが、出来上がりの違いが面白くて、これから自分の作品にどんどんサンドブラストを取り込んでいきたいと思いました。

現在、最後の工程であるパテ詰めが終わっています。
パテの乾燥や磨きの作業をしてから納品いたします。

明日は、M様邸の硝子やステンドグラスの取付け方についての説明をするため、建具屋さんまで行ってまいります!
あと少しでM様邸の全てのことが終わりますが、最後まで気が抜けません。

 





info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。





Nagako





| 制作日記 | 20:54│編集

3.11


20190311.jpg



あの日から8年。
地震、津波、原発事故。たくさんの人が亡くなり、悲しみはまだ続いている。
困難な中にいる方には、どうぞ少しでも良い方向へ、と思います。14時46分、母と二人で黙祷をしました。



M様邸の建具へ入るステンドグラスの制作、始めております!








info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。






Nagako




| 制作日記 | 20:20│編集

毎年の


E-20190305.jpg


今年も確定申告、終わりました。はふ〜
父に毎年教えてもらいながらですが、、、こういうことに詳しい父親で助かっています。



E様邸ステンドグラスパネルの制作を始めております。
パテ詰まで終了していて、現在はパテを乾燥させているところ。
納期が迫っているので、ゆっくりする間も無く全力で臨んでおります!





info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態が続いています。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。




Nagako



| 制作日記 | 20:57│編集

M様邸制作


m01-20190303.jpg



hananira20190303.jpg



2月が過ぎ、3月へ。
季節が巡っていきます。

M様邸の制作は、ステンドグラス以外の硝子技法を一部(一枚)取り込んでステンドグラスに組み込んでいくことになり、そのため水面下で足をバタバタとさせていたような2月でした。ステンドグラスに組み込む硝子パーツもできましたので、3月はいよいよ制作に入ります。(本当に、建築工事が遅れていて良かったです。)パーツを制作するために、色々とご指導いただいた先生のことも、また後日、記していきたいと思います!






info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態が続いています。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。





Nagako




| 制作日記 | 11:03│編集

| main | next »