M様邸パネルもうすぐ納品


m-sama01-20190625.jpg



m-sama02-20190625.jpg



こんばんは。

M様邸のステンドグラスパネルは、華やかな(明るい)感じ、花、の2つのご要望に沿って2つのご提案をした結果、こちらのデザインが採用されました。ステンドグラスのモチーフとして、真ん中に配した「フルール・ド・リス」は昔からあるデザイン。ステンドグラスに限らず、紋章の意匠としてヨーロッパで使用されてきたものの一つです。他には、宝石のデザインなどとしても使用されています。

現在は、パテ詰めが終わり、綺麗に磨いているところ。
パテが乾燥しましたら納品いたします。

玄関に入ってすぐの建具上部に取り付けられます。



いつもご注文いただく建築会社様から施主様へのプレゼントとして取り付けられます。
いつもご依頼いただき、ありがとうございます!



"M様邸 フルール・ド・リス”
W600mm,H200mm







メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。





Nagako






| panel | 21:01│編集

M様邸へ #4


M-20190624.jpeg


先日の新築M様邸では、硝子のみの納品も数点ありました。
お伺いした時に撮影した、キッチンの建具へ取り付けられた9枚の硝子です。
他に、2つのトイレの引き戸用に100mm角の硝子を2枚納品しています。

硝子は、アルトドイッチェやグルーチップを使用。
印象の強弱をつけました。






メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。





Nagako





| panel | 20:31│編集

M様邸へ #3


Msama01-20190616.jpg



Msama02-20190616.jpg




M様邸のパネルです。
ブルーの硝子や透明硝子の質感が印象的なパネル。
なんといっても、とてもさりげなく「ハナミズキ」をサンドブラストした乳白色を帯びたピンクの硝子が美しいです。




M様邸#3ハナミズキ
size W600mm,H500mm






Nagako



| panel | 20:26│編集

M様邸へ #2


m-sama-ranma20190609.jpg


こんばんは。

先日お伺いしたM様邸ご報告の#2。
欄間部分に取り付けられたパネルです。
パープルブラウンと呼ばれる硝子と透明硝子で質感のあるものの組み合わせ。




Nagako




| panel | 20:28│編集

M様邸へ #1 / 2件の打ち合わせ


m-sama0120190603.jpeg


m-sama0220190603.jpeg


m-sama0320190603.jpeg



先日、数点のステンドグラスと建具用硝子を納品させていただいた新築のM様邸にお邪魔してまいりました!
まずは、キッチンと奥様のお部屋の間の引き戸に取り付けられたステンドグラスから掲載いたします。赤い硝子をどこかに使用して欲しいというご希望のみで、デザインは全面的にお任せいただきました。これから暮らしていく中で、いろんな物を置いたりして物が増えてきて、このステンドグラスの雰囲気を壊さないようにしたいとおっしゃっておられて、お気に召していただいているようで、何よりでした!


M様邸ステンドグラス、一点づつ掲載してまいりますね。




昨日は、午前と午後に一回ずつ、2件の打ち合わせがございました。
これから制作にデザイン、はりきってまいります!







メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。




Nagako






| panel | 17:36│編集

M様邸欄間部分に入るステンドグラス


m-sama01-20190420.jpg



m-sama02-20190420.jpg



M様邸の欄間部分に入るステンドグラス2枚です。
2枚のステンドグラス、デザインは同じですが、透明部分の硝子の質感を変えています。

色ガラスの部分は、Purple Brownと呼ばれる硝子で、アメリカ Kokomo社のものです。絶妙な、なかなか他にない落ち着いた色合いだと思います。


それから、M様邸では建具に入る硝子(ステンドグラスではなく)11枚も併せて納品させていただいております。


すでに取り付けが終わっているようで、先日M様から嬉しいご感想のお電話をいただきました。ありがたいです!
本当にホッとしました。私は、美しいものを創ることに携わって、そして感謝までされて、本当に幸せだなあと思います♡


M様、この度はたくさんのご注文をいただき、ありがとうございました!
新居にお伺いすることを楽しみにしております!





M様邸 欄間部分に入るステンドグラス
技法:ケイム組
size (W336mm,H282mm)×2枚







websiteへ掲載の info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。





Nagako



| panel | 22:31│編集

M様邸引き戸に入るステンドグラス#2


m-sama01-20190409.jpeg


m-sama02-20190409.jpeg


m-sama03-20190409.jpeg




M様邸の引き戸に入るステンドグラスです。
こちらは、W150mm,H1200mmの縦長のステンドグラスです。
一人で制作をしているために、全体を一枚に納めた写真が撮れなかったので、今度M様邸へお伺いして引き戸へ収まっているところを撮影したいと思います。

深い赤い色の硝子を使用してほしいとのご希望でした。
一番下に赤を配して、他の引き戸へ入るステンドグラスが直線だけでデザインしましたので、こちらは趣の違うデザインにしました。いくつかデザインをした中から、こちらを選んでいただきました。「かわいい」ともおっしゃっていただいて、嬉しく思いました。

上の部分には、向こう側がはっきりと見えないように質感のある硝子を。



”M-sama 引き戸ステンドグラス”
技法:ケイム組
size W150mm,H1200mm






info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。




Nagako




| panel | 20:28│編集

M様邸引き戸に入るステンドグラス#1


m-sama01-20190407.jpg



m-sama02-20190407.jpg



m-sama03-20190407.jpeg




こんにちは。
桜が満開でウキウキ。
さきほど、選挙投票に歩いて出かけ、途中にある公園の桜を愛でてきました。
ハラハラと舞う花びらも綺麗♡菜の花との響宴も素敵♡

M様邸の引き戸や欄間に入るステンドグラス4枚と、硝子9枚の納品を先日終えました。あの3年前の2度の大きな揺れ以降、一つのご家族で幾つものステンドグラスのご注文はありませんでしたので、時が経ち、皆さんの意識も変わりつつあるのかなと思ったことでした。

施主様との最初の打ち合わせの際に、イメージの建具に入る硝子が掲載されている雑誌「チルチンびと」を持っていらしゃいました。それがとてもとてもシンプルなものでしたので、そのイメージで完全にわたしの思考はシンプルにいこうと決めてしまったところはありました。その後、デザインが決定したのち制作に入ろうかというところで、M様からデザインを見直してほしいとのご要望をお受けして、打ち合わせをし加わったものが「サンドブラストでハナミズキを彫って」ステンドグラスに組み込むということでした。「ハナミズキ」は、一時期ご主人様がお仕事をされていたアメリカで、日本人の「桜」と同様に親しまれている花だということ、その「ハナミズキ」から当時お生まれになったお嬢様のお名前をミズキさんと名付けられたということ。家族の歴史がこのハナミズキが象徴しているようなものになればというご希望をお伺いして、これはなんとかしてM様が愛着を感じられる良いものにしなければと思いました。ハナミズキの部分をサンドブラストで創り上げることを思い付いたのは、勉強していた京都で少しだけですが体験していたことがあってのことでした。


このサンドブラストをご指導いただいた田中久美子先生(工房「イル・チェーロ」)とは不思議なご縁で、なんと以前習っていた先生が一緒!ということがわかり、かなり驚きました!あと大学が京都で、、、。なんで私が勉強のためにわざわざ京都に行ったの?という話など、お話ししていると色々と楽しくて、これからもサンドブラストや他のガラス技法の勉強のためとお話をしに通いたいなと思いました。


グレーや、ボルドー、ネイビーがお好きなM様。
硝子選びも数ある選択肢の中から、これはと思う硝子の組み合わせを慎重に決めていきました。
青い硝子や濃い青の組み合わせに落ち着いたグリーンと薄いグレーを。
そしてサンドブラストは、いろんな硝子で試したのですが、選んでいただいたのはこちらのピンクと乳白色の流れのあるリーミーという質感の硝子。人は、例えば青ばっかり使っていると赤が見たくなったりするそうです。(以前習っていた絵の先生によると)ですので、ピンクと乳白色をポンと持ってくるという選択肢もあるのかなと思ったのと、M様のエピソードからするとM様のあたたかくて優しい記憶の中にあるのは、淡いピンクかなと思いました。今の季節とエピソードとが一致するのはこの硝子だったのかもしれませんね。


1枚目、2枚目の画像では、ハナミズキの部分ははっきり見えませんが、実際に肉眼で見ると、もう少しちゃんと目立って見えます。

他のご注文、欄間に入るステンドグラスなど、また後日掲載いたしますね。


来週末に建具取り付けをされるとのことで、竣工してからお伺いすることが楽しみです!





M様邸 "hanamizuki"
技法:ケイム組
W600mm,H500mm



Nagako







| panel | 12:05│編集

E様邸明り取りパネル


e-sama01-20190308.jpeg



mimoza20190308.jpg



ミモザを庭に植えたいなあ!
本日はミモザの日☆


E様邸のステンドグラスパネルは、玄関から入って右手の壁に取り付けられます。
現場でのお打ち合わせで、光が効果的に入るかどうか懸念されるところだったので、色と硝子の質感が際立って見えるようなものを、と思い硝子選びやデザインをいたしました。いくつかのデザインをしてE様に選んでいただいたのがこちらです。まだパテは乾いていないので、乾き次第納品いたします。建築会社様からのご依頼で、プレゼントとしてE様邸に取り付けられる明り取りパネルです。喜んでいただけたら嬉しいです!



"E-samatei" / 技法:ケイム組
size w230mm,H570mm


Nagako






info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態が続いております。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。




| panel | 20:39│編集

N様邸 / バラのステンドグラス


N-sama-01-20190121.jpg



N-sama-02-20190121.jpg



今年一番目の投稿から随分と時間が経ってしまいました。

N様邸のバラのステンドグラスは、2種の透明の硝子を背景に使い、3種の赤い硝子で単調にならないように心がけました。赤い薔薇で、蔓薔薇のような雰囲気をご希望でしたので、曲線を入れてご希望のデザインを目指しました。

濃い赤い硝子がとても綺麗です。

建具の上部に取り付けられます。

N様に喜んでいただけましたら、幸いです。



"N-sama rose" / 技法:ケイム組
size W550mm,H250mm







info@glasstobira.comは、送受信ができません。
お問い合わせなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。



Nagako



| panel | 19:40│編集

| main | next »