T様邸ステンドグラスパネル完成


t01-20191028.jpeg



T様邸のステンドグラス完成いたしました。
オパールセントグラスで光をほどんと通さない硝子を使用しているので、手前の景色が反射してしまい、撮影が難しいですね。パネルのサイズがW300mm,H200mmと小さいのですが、はっきりとした色とジオメタリックなデザインで、存在感を出しています。打ち合わせをすすめる中で、以前から気に留めていたイタリアのある建築家のことを思い出し、分厚い作品集を取り出して眺めてみたり、、、。ご注文いただいた作品では、黒い硝子を使うことが初めてだったので、少し戸惑ったり。毎回良いものにするために試行錯誤しますが、T様の思い描くステンドグラスに近づきましたでしょうか。お気に召されることを願っております!



こちらは、木製フレームに入れて窓辺に飾られるとのこと。
フレーム制作は「門岡幸征木工製作所」さんにお願いしています。




"gio" T様邸
size W300mm,H200mm







メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。





Nagako







| panel | 16:00│編集

T様邸ステンドグラスとペンダントライト


t01-20191024.jpeg



t02-20191024.jpeg



t03-20191024.jpeg



t04-20191024.jpeg



t05-20191024.jpeg




本日は、先日納品したライトなどを撮影するためにT様邸へお伺いさせていただきました。
リビングの引き戸に取り付けられたステンドグラスパネル、お手洗いの引き戸にキルンワークで制作したガラス、ペンダントライト2つです。

住宅の設計は、今までも何度もステンドグラスのご依頼をくださっている、和後紀之1級設計事務所(同級生!)です。毎度感謝しています^^



T様邸は、すべての作品のデザインと使用硝子もお任せいただきました。
リビングのステンドグラスパネルは、樹々の重なり合い、葉の重なり合いをシンプルに表現しています。ずっとずっと幸せが続きますように、という想いでデザインしています。空の色のみ、アメリカの老舗kokomo社のグラデーションのある美しい水色の硝子と、透明の様々な質感の硝子が、玄関側から見ても、リビング側から見ても、とても美しく輝いていました。

キッチンを照らす"hyoutan"は、大きさもちょうどキッチンのカウンターに合うサイズで安心しました。この"hyoutan"も末広がりな良いイメージがあるデザイン。ふんわりと柔らかい色と形。


お手洗いの引き戸に取り付けられたキルンワークの硝子は、バニラと水色の硝子を透明の硝子に閉じ込めました。実際は、もっと硝子色がきれいに見えるのですが、写真だとこのくらいにしか映らず残念。


ファサードも素敵で構えよく、内部も工夫があり、良い家だなと思いました!



T様、この度はご依頼いただきありがとうございました。
お気に召していただけたら幸いです。





"tree" T様邸
size W500mm,H650mm

"hyoutan" T様邸
size H230mm, φ220mm

"i" T様邸
size 85角mm






Nagako




| panel | 20:10│編集

T様邸明かり取り


t01-20191007.jpeg



t02-20191007.jpeg



t03-20191007.jpeg


こんにちは。

先日納品してまいりましたT様邸ステンドグラスパネルの完成した画像です。
末広がりに幸せが続きますようにとの思いを込めて「木」を題材にデザインいたしました。デザインについてや、ガラスなども全てお任せ下さいました。アメリカ 老舗Kokomo社の、空を想わせる青いガラスと、様々な表情を見せる透明のガラスで制作いたしました。光を一度吸収して、そして解放しているよう。とても輝いています。

リビングの引き戸に入ります。


お手洗いの引き戸へ入る、キルンワークの板(フューズしたガラス)については、次回掲載します。



" tree T様邸 ”
size W500mm,H650mm





Nagako




| panel | 16:57│編集

Camellia


camellia20190827.jpg



camellia2-20190827.jpg



こんにちは。
今日も雨。これから数日先もしばらく雨の予定で、夏の終わりにしとしと雨も珍しい。


本日は、K様邸のCamellia(椿)のステンドグラスパネルを納品いたしました。何度となく制作している椿のモチーフパネルですが、施主様のご希望に沿うようにその都度デザインを変え、硝子も変えて制作するので、いつも新鮮な気持ちで制作できます。今回は、”かわいくなるよう”を上位に置いて、椿の花びらも濃いピンクの硝子を選び、背景もモーブ色でかわいらしく、4カ所の丸と半円も透明でドットの質感のある硝子を選び、丸くかわいい感じになるよう目指しました。奥様にお気に召していただければ幸いです。


午前中、T様邸打ち合わせもございました。照明2つと引き戸に入るステンドグラスパネル、小さな明り取り、いいものになるよう考えていきます。



K様邸 ”Camellia”
size W560mm,H210mm





メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。



Nagako

| panel | 18:18│編集

M様邸パネルもうすぐ納品


m-sama01-20190625.jpg



m-sama02-20190625.jpg



こんばんは。

M様邸のステンドグラスパネルは、華やかな(明るい)感じ、花、の2つのご要望に沿って2つのご提案をした結果、こちらのデザインが採用されました。ステンドグラスのモチーフとして、真ん中に配した「フルール・ド・リス」は昔からあるデザイン。ステンドグラスに限らず、紋章の意匠としてヨーロッパで使用されてきたものの一つです。他には、宝石のデザインなどとしても使用されています。

現在は、パテ詰めが終わり、綺麗に磨いているところ。
パテが乾燥しましたら納品いたします。

玄関に入ってすぐの建具上部に取り付けられます。



いつもご注文いただく建築会社様から施主様へのプレゼントとして取り付けられます。
いつもご依頼いただき、ありがとうございます!



"M様邸 フルール・ド・リス”
W600mm,H200mm







メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。





Nagako






| panel | 21:01│編集

M様邸へ #4


M-20190624.jpeg


先日の新築M様邸では、硝子のみの納品も数点ありました。
お伺いした時に撮影した、キッチンの建具へ取り付けられた9枚の硝子です。
他に、2つのトイレの引き戸用に100mm角の硝子を2枚納品しています。

硝子は、アルトドイッチェやグルーチップを使用。
印象の強弱をつけました。






メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。





Nagako





| panel | 20:31│編集

M様邸へ #3


Msama01-20190616.jpg



Msama02-20190616.jpg




M様邸のパネルです。
ブルーの硝子や透明硝子の質感が印象的なパネル。
なんといっても、とてもさりげなく「ハナミズキ」をサンドブラストした乳白色を帯びたピンクの硝子が美しいです。




M様邸#3ハナミズキ
size W600mm,H500mm






Nagako



| panel | 20:26│編集

M様邸へ #2


m-sama-ranma20190609.jpg


こんばんは。

先日お伺いしたM様邸ご報告の#2。
欄間部分に取り付けられたパネルです。
パープルブラウンと呼ばれる硝子と透明硝子で質感のあるものの組み合わせ。




Nagako




| panel | 20:28│編集

M様邸へ #1 / 2件の打ち合わせ


m-sama0120190603.jpeg


m-sama0220190603.jpeg


m-sama0320190603.jpeg



先日、数点のステンドグラスと建具用硝子を納品させていただいた新築のM様邸にお邪魔してまいりました!
まずは、キッチンと奥様のお部屋の間の引き戸に取り付けられたステンドグラスから掲載いたします。赤い硝子をどこかに使用して欲しいというご希望のみで、デザインは全面的にお任せいただきました。これから暮らしていく中で、いろんな物を置いたりして物が増えてきて、このステンドグラスの雰囲気を壊さないようにしたいとおっしゃっておられて、お気に召していただいているようで、何よりでした!


M様邸ステンドグラス、一点づつ掲載してまいりますね。




昨日は、午前と午後に一回ずつ、2件の打ち合わせがございました。
これから制作にデザイン、はりきってまいります!







メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。




Nagako






| panel | 17:36│編集

M様邸欄間部分に入るステンドグラス


m-sama01-20190420.jpg



m-sama02-20190420.jpg



M様邸の欄間部分に入るステンドグラス2枚です。
2枚のステンドグラス、デザインは同じですが、透明部分の硝子の質感を変えています。

色ガラスの部分は、Purple Brownと呼ばれる硝子で、アメリカ Kokomo社のものです。絶妙な、なかなか他にない落ち着いた色合いだと思います。


それから、M様邸では建具に入る硝子(ステンドグラスではなく)11枚も併せて納品させていただいております。


すでに取り付けが終わっているようで、先日M様から嬉しいご感想のお電話をいただきました。ありがたいです!
本当にホッとしました。私は、美しいものを創ることに携わって、そして感謝までされて、本当に幸せだなあと思います♡


M様、この度はたくさんのご注文をいただき、ありがとうございました!
新居にお伺いすることを楽しみにしております!





M様邸 欄間部分に入るステンドグラス
技法:ケイム組
size (W336mm,H282mm)×2枚







websiteへ掲載の info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。





Nagako



| panel | 22:31│編集

| main | next »