オーダーのペンダントライト


pendant0220170810.jpg

ライト点灯時


pendant0120170810.jpg

ライト消灯時


pendant0320170810.jpg

近くに寄ってみると



インテリアコーディネーターをされている方からのご注文のペンダントライトで、先ほど完成いたしました!

こちらは、12口径で使用できる電球は15Wまでと決して明るくはないので、あくまでインテリアとしての役割しか果たしませんが、同じランプ(ゴールドピンクの硝子を使用したもの/productsのlightのページをごらんください)をお使いいただいているレストランに食事に行かれて、そこで目に留めていただき、ご連絡いただきました。

以前、住宅の明かり取りパネルの打ち合わせで、2度ほどお世話になったコーディネーターさんでもあります。

ご自宅で使うか、どこかの建築会社のモデルハウスで使うか、まだ決めていないとのことですが、この手のひらサイズの小さなランプのことをすごくお褒めいただいて、とても嬉しいです。

照明がお好きで、ご自宅ではこだわりのペンダントライトをたくさん使っていらっしゃるみたいで、そんな方に目を留めていただいて、喜びもひとしおです!

照明っていいですよね。
夜、暗くなってからの時間をお気に入りの照明のもとで、ゆったりと楽しめる。
そんな豊かな時間の一助となればなあと思います。



この度は、ご注文いただき、ありがとうございました。


灯具について
12口径 茶ねじりコード 長さ:70cm(ご指定できます)
留め具:真鍮



Nagako



| light | 15:33│編集

Y様邸のペンダントライト


y-sama0120170708.jpg



y-sama0220170708.jpg



こんにちは。

Y様邸のペンダントライト、完成いたしました。

緑の硝子に、気持ちが落ち着きます。
透明部分は、フロレンティンと言う名の硝子で、ちいさな花模様の凹凸があるものです。

玄関に取り付けられるということで、コードは短めの40cmでお願いし、長さ調整のための木製自在もセットしています。E26で100Wまで。

アトリエでは、ダクトレールに取り付けていますが
引っ掛けシーリングがあれば、すぐに取り付けられます。


取り付けについては、ブログ中の「カテゴリ」の「ペンダントライトの取付について」の1と2をご参照くださいませ。イラストを描いて、説明しています。





Nagako





| light | 13:48│編集

壁の灯り


k-sama0220170629.jpg



k-sama0120170629.jpg



こんにちは。

本日は、K様邸の壁の灯り(ブラケット)を制作しました。
自重に耐え得る造りにするため、補強しながらの半田付けです。
半田付けが終わったら、汚れを拭き取り、半田部分を薬品を使い黒く染めます。

デザインは、ご主人が登山をされているということで、ずばり「山」です。グリーンの硝子は、濃いものと乳白色を帯びた淡いグリーンを使って、濃淡を出しました。濃いグリーンは、硝子の持つ縦の質感を活かして硝子をカットしています。霞の上には、高い山がそびえ立っている、というようなイメージです。

壁に直付けされるのですが、仕上がりを見るために、25Wの電球を後ろに置いてみました。直付けの際の木製台座は、門岡木工製作所にお願いしました。


このあとは、K様のお母様(旅宿を経営されています)からのご依頼、ペンダントライト製作に入ります。




Nagako




| light | 18:14│編集

light "雲と雨"


kumo-ame20161001.jpg


こちらのlightは、「雲と雨」と名付けたもの。
コーナーを照らす照明として、部屋のお気に入りのチェストの上に置いています。
斜めの陰影が、壁を照らします。

○ステンドグラスのシェード「雲と雨」+ランプベース



nyuuhaku20161001.jpg


こちらは、制作の場であるアトリエにて。
同じく シェード「雲と雨」は、pendant lightにもできます。

○ステンドグラスのシェード「雲と雨」+ペンダント灯具



住宅の明かり取りパネル、照明などのご注文や、作品のお問い合わせなど
随時承っております。

info@glasstobira.comまで、お気軽にお問い合わせくださいませ。



Nagako







| light | 15:40│編集

こんな時だからこそ


ararelight0120160908.jpg



おはようございます。

先日、以前テーブルライトをご購入いただいたお客様から、「ナガコさんのライトがあって良かった〜。ないならないでいいものだけど、あるのとないのとじゃ、雰囲気が全然違う。癒されます。」という嬉しい言葉を掛けてもらいました。

その方は益城町で被災され、今は熊本市内に転居されています。ランプは割れもなく無事で、新居で使っていただいてるとのこと。ランプが、気持ちを落ち着けてくれたり、お部屋の雰囲気を良くしてくれたりする存在になれているのかな〜と、こんな時に、ステンドグラスなんて必要とされてないんじゃないかなどと悩んでいた私自身もすごく励まされました。

わたしは益城町在住なので、地震のことに触れずにはいられなくて、というよりは、伝えていくことは益城に住んでいるものの使命のように感じてしまいます。

同じ熊本内でも地域や立地によって被害の程度が異なるため、生活の中で認識や感覚に差が出ていると感じています。どうか、被害の大きかった地域の人たちに対して、理解することを避けようとせずに、手を差し伸べて歩み寄ってもらえたらなと思います。



ダークツーリズムでも何でもいいから、益城町に来て欲しいと思う今日この頃。




画像は、昨年の大好きな作品 "arare"pendant lightです。
黄色の部分の硝子が廃盤になったので、同じ硝子では製作できませんが、別の硝子で製作可能です。


住宅の明かり取りパネルやペンダントライト、ブラケットのご注文を承っております。
お問い合わせは、メールか電話にてお受けしております。
問い合わせ先は、contactのページをご覧くださいませ。




nagako






| light | 09:45│編集

納品してまいりました


tenkuhouselight201607222.jpg


こんにちは。


森のなか、高原に建築中の貸別荘へとステンドグラスを納品してまいりました。

高原は、風は涼しいのだけれど、太陽の光はより近くなるのでジリジリとしたものを感じました。景色がとってもキレイでこのところ週末ごとに打ち合わせに伺っては、気分転換して帰っています。


写真は、ご注文いただいている5点の照明のうちの1点、リビングに取り付けられるpendant lightです。


また来週末にも納品予定です。






益城町の街並みは、いまだに壊れたままです。
3ヶ月経っても変わらないけど、たった3ヶ月では変わるわけがない、そのくらい強震だったということです。





nagako







| light | 17:22│編集

N様邸見学会にて/bracket


bracket-nsama0220160407.jpg


bracket-nsama0120160407.jpg


こんにちは。


先日のN様邸完成見学会でのbracketです。

2つとも同じデザイン同じ硝子で統一されているので、とてもセンス良く感じられます!色硝子の面積は小さいのですが、淡いラベンダー色がしっとりとした雰囲気、全体的に落ち着きのある感じに仕上がっていると思います。

階段2箇所に取り付けられています。取り付けは、当方では致しませんが、詳細な取り付け参考図をお渡しするとともに取り付けについて説明いたしております。


Nagako




| light | 15:17│編集

N様邸壁掛け照明bracket


nasamalight01.jpg


nasamalight02.jpg


こんばんは。

今日は冬ごもりしていた虫も驚く暖かさでした。
庭で、紋黄蝶を見ましたよ。人の見えない場所でたくさんの虫たちが生まれてきてるんだろうな。


N様邸のbracketです。
柔らかな色合いの硝子色に、うっとりしてしまいそうです。
透ける乳白にすこしだけの分量で甘い雰囲気の硝子色を♪




Nagako






| light | 20:09│編集

コーダ・ヨーコさんの"art channel"ランプ



絵描き・イラストレーターとしてご活躍中のコーダ・ヨーコさんのアトリエ"art channel"/アートチャンネル限定販売のペンダントライトを納品させていただきました。



minicube020101.jpg


minicube020102.jpg


minicube020103.jpg


mini cube lamp/ミニキューブランプ
¥9000+tax

size 8cm×8cm×8cm
12口径 15W
コードの長さ50cm



コードの長さは、住宅の場合は50cmが通常の長さですが、もっと短く、または長くしたい場合も対応可能です。その際は、ご相談くださいませ。


ミニキューブランプは、4面の正方形で、4色の乳白色を帯びたグリーンやブルーで制作しています。 硝子は、コーダさんに選んでいただいた9枚の硝子の中から制作していますので、これからまた別の色でも制作していく予定にしています。


15Wなので、このランプだけでは、明るさを確保することはできませんが、インテリアとして、目を楽しませるランプとして使っていただけたらよいなーと思っています。



さらに、私がひそかに素敵な使い方と思っているのは、もし天井にレールがある場合ですが、このランプを常夜灯として寝室で使っていただけると可愛らしいな♡と思います。




コーダ・ヨーコさんのアトリエ"art channel"は、味噌天神電停前です。

artchannel0201.jpg


art channel/アートチャンネル
〒862-0973
熊本市中央区大江本町6-8
tel:096-366-9663
*不定休のため、ご来店の際はお電話お願いします。
OPENの文字が見えたら、お気軽にどうぞ。

art channelのwebsiteはこちら→


Nagako



| light | 12:08│編集

frill/F様邸pendant light


light20160120195247.jpg


light20160120195358.jpg


ちらほらと雪が降りましたね。
たまには降り積もってほしい。。。けど、寒いのはいやですねー。
今度の日曜日の最高気温、予想では0度だそう。
ありったけの防寒具で寒さ対策しなきゃですね!


昨年の秋に明かり取りパネルやpendant lightを納品させていただいたF様邸へお伺いしてまいりました。木の家で、どこをとっても本当に素敵なお住い。毎日ここで暮らせるなんて本当に素敵だな〜と思っちゃいました♪

今日は撮影させていただいたもののなかから、pendant lightを掲載させていただきます。こちらは、frillという名前をつけているpendant lightです。frillの部分は、モーブ色/あわい紫、大人っぽいピンクというところでしょうか。落ち着いた色合いなので、かわいすぎないのが良いと思っています。上部の透明部分は、霜がおりたような質感のある硝子で、大人っぽく懐かしい雰囲気です。

壁に映る硝子のゆらめきがとっても綺麗でした。

作り手としては、新築されたばかりのご自宅にお伺いして取り付け後を拝見できるのはすごく嬉しいことで、ご快諾いただいて、本当に感謝しております。
ありがとうございます!


Nagako


| light | 20:32│編集

| main | next »