light "雲と雨"


kumo-ame20161001.jpg


こちらのlightは、「雲と雨」と名付けたもの。
コーナーを照らす照明として、部屋のお気に入りのチェストの上に置いています。
斜めの陰影が、壁を照らします。

○ステンドグラスのシェード「雲と雨」+ランプベース



nyuuhaku20161001.jpg


こちらは、制作の場であるアトリエにて。
同じく シェード「雲と雨」は、pendant lightにもできます。

○ステンドグラスのシェード「雲と雨」+ペンダント灯具



住宅の明かり取りパネル、照明などのご注文や、作品のお問い合わせなど
随時承っております。

info@glasstobira.comまで、お気軽にお問い合わせくださいませ。



Nagako







| light | 15:40│編集

こんな時だからこそ


ararelight0120160908.jpg



おはようございます。

先日、以前テーブルライトをご購入いただいたお客様から、「ナガコさんのライトがあって良かった〜。ないならないでいいものだけど、あるのとないのとじゃ、雰囲気が全然違う。癒されます。」という嬉しい言葉を掛けてもらいました。

その方は益城町で被災され、今は熊本市内に転居されています。ランプは割れもなく無事で、新居で使っていただいてるとのこと。ランプが、気持ちを落ち着けてくれたり、お部屋の雰囲気を良くしてくれたりする存在になれているのかな〜と、こんな時に、ステンドグラスなんて必要とされてないんじゃないかなどと悩んでいた私自身もすごく励まされました。

わたしは益城町在住なので、地震のことに触れずにはいられなくて、というよりは、伝えていくことは益城に住んでいるものの使命のように感じてしまいます。

同じ熊本内でも地域や立地によって被害の程度が異なるため、生活の中で認識や感覚に差が出ていると感じています。どうか、被害の大きかった地域の人たちに対して、理解することを避けようとせずに、手を差し伸べて歩み寄ってもらえたらなと思います。



ダークツーリズムでも何でもいいから、益城町に来て欲しいと思う今日この頃。




画像は、昨年の大好きな作品 "arare"pendant lightです。
黄色の部分の硝子が廃盤になったので、同じ硝子では製作できませんが、別の硝子で製作可能です。


住宅の明かり取りパネルやペンダントライト、ブラケットのご注文を承っております。
お問い合わせは、メールか電話にてお受けしております。
問い合わせ先は、contactのページをご覧くださいませ。




nagako






| light | 09:45│編集

納品してまいりました


tenkuhouselight201607222.jpg


こんにちは。


森のなか、高原に建築中の貸別荘へとステンドグラスを納品してまいりました。

高原は、風は涼しいのだけれど、太陽の光はより近くなるのでジリジリとしたものを感じました。景色がとってもキレイでこのところ週末ごとに打ち合わせに伺っては、気分転換して帰っています。


写真は、ご注文いただいている5点の照明のうちの1点、リビングに取り付けられるpendant lightです。


また来週末にも納品予定です。






益城町の街並みは、いまだに壊れたままです。
3ヶ月経っても変わらないけど、たった3ヶ月では変わるわけがない、そのくらい強震だったということです。





nagako







| light | 17:22│編集

N様邸見学会にて/bracket


bracket-nsama0220160407.jpg


bracket-nsama0120160407.jpg


こんにちは。


先日のN様邸完成見学会でのbracketです。

2つとも同じデザイン同じ硝子で統一されているので、とてもセンス良く感じられます!色硝子の面積は小さいのですが、淡いラベンダー色がしっとりとした雰囲気、全体的に落ち着きのある感じに仕上がっていると思います。

階段2箇所に取り付けられています。取り付けは、当方では致しませんが、詳細な取り付け参考図をお渡しするとともに取り付けについて説明いたしております。


Nagako




| light | 15:17│編集

N様邸壁掛け照明bracket


nasamalight01.jpg


nasamalight02.jpg


こんばんは。

今日は冬ごもりしていた虫も驚く暖かさでした。
庭で、紋黄蝶を見ましたよ。人の見えない場所でたくさんの虫たちが生まれてきてるんだろうな。


N様邸のbracketです。
柔らかな色合いの硝子色に、うっとりしてしまいそうです。
透ける乳白にすこしだけの分量で甘い雰囲気の硝子色を♪




Nagako






| light | 20:09│編集

コーダ・ヨーコさんの"art channel"ランプ



絵描き・イラストレーターとしてご活躍中のコーダ・ヨーコさんのアトリエ"art channel"/アートチャンネル限定販売のペンダントライトを納品させていただきました。



minicube020101.jpg


minicube020102.jpg


minicube020103.jpg


mini cube lamp/ミニキューブランプ
¥9000+tax

size 8cm×8cm×8cm
12口径 15W
コードの長さ50cm



コードの長さは、住宅の場合は50cmが通常の長さですが、もっと短く、または長くしたい場合も対応可能です。その際は、ご相談くださいませ。


ミニキューブランプは、4面の正方形で、4色の乳白色を帯びたグリーンやブルーで制作しています。 硝子は、コーダさんに選んでいただいた9枚の硝子の中から制作していますので、これからまた別の色でも制作していく予定にしています。


15Wなので、このランプだけでは、明るさを確保することはできませんが、インテリアとして、目を楽しませるランプとして使っていただけたらよいなーと思っています。



さらに、私がひそかに素敵な使い方と思っているのは、もし天井にレールがある場合ですが、このランプを常夜灯として寝室で使っていただけると可愛らしいな♡と思います。




コーダ・ヨーコさんのアトリエ"art channel"は、味噌天神電停前です。

artchannel0201.jpg


art channel/アートチャンネル
〒862-0973
熊本市中央区大江本町6-8
tel:096-366-9663
*不定休のため、ご来店の際はお電話お願いします。
OPENの文字が見えたら、お気軽にどうぞ。

art channelのwebsiteはこちら→


Nagako



| light | 12:08│編集

frill/F様邸pendant light


light20160120195247.jpg


light20160120195358.jpg


ちらほらと雪が降りましたね。
たまには降り積もってほしい。。。けど、寒いのはいやですねー。
今度の日曜日の最高気温、予想では0度だそう。
ありったけの防寒具で寒さ対策しなきゃですね!


昨年の秋に明かり取りパネルやpendant lightを納品させていただいたF様邸へお伺いしてまいりました。木の家で、どこをとっても本当に素敵なお住い。毎日ここで暮らせるなんて本当に素敵だな〜と思っちゃいました♪

今日は撮影させていただいたもののなかから、pendant lightを掲載させていただきます。こちらは、frillという名前をつけているpendant lightです。frillの部分は、モーブ色/あわい紫、大人っぽいピンクというところでしょうか。落ち着いた色合いなので、かわいすぎないのが良いと思っています。上部の透明部分は、霜がおりたような質感のある硝子で、大人っぽく懐かしい雰囲気です。

壁に映る硝子のゆらめきがとっても綺麗でした。

作り手としては、新築されたばかりのご自宅にお伺いして取り付け後を拝見できるのはすごく嬉しいことで、ご快諾いただいて、本当に感謝しております。
ありがとうございます!


Nagako


| light | 20:32│編集

T様よりorder/hyoutan


hyoutan2015120601.jpg


hyoutan2015120602.jpg


hyoutan2015120603.jpg


以前は京都で、現在は大阪豊中市で紅型の染めをされている「チリントゥ」戸谷真子さんからのご依頼 pendant lightが完成いたしました。(工房の看板も以前制作させていただいております。lightも、工房に取り付けられます。)
9月の二人展の際に、ご主人様とお二人で大阪から来ていただいて!ご注文いただいていたものです!

硝子選び、一度決めたのに途中で迷ってしまったりしましたが、真子さんに確認を取りながら、少しずつ進めてまいりました。
作品のことを褒めてくださる人がいてくれると、大丈夫って思えて、小さな自信が積み重なっていきます。励ましてもらっているような感覚にもなった。。。真子さんに感謝です!

余談ですが、数日前も、F様邸へpendant lightを届けさせていただいて、本当に喜んで頂きました。何度も箱から出して、見てくださっているとの嬉しいメールが届きました^^

ご依頼をお受けして制作するのは、頼んで来られる方もドキドキされているのが分かって、その気持ちに私も応えようと努力する、想像されている以上のものを制作したいと思ってドキドキする。でも、それは楽しいことなので、全然大変とは思わない。

このpendant lightは、初個展のときに発表した"hyoutan"と名付けたlightなのですが、当初のデザインを今回は少しだけ下辺の広がりを出して、硝子も初個展の時とは違う硝子にしています。ご要望に応えて制作できるのも既製品にはない手仕事の良いところ。いくつも同じものを作るより、毎回違う方が制作するのも楽しいものです。

あわい琥珀色の硝子以外は、乳白を帯びた硝子なのに、この きらめきよう。


全方向、下から見ても、素敵にしたい!
(pendantなので下から見上げることも多いので。)との思いで、制作しました。

近々、大阪へ向けて発送いたします。


チリントゥ真子さんのテキスタイルのデザインは、紅型のイメージを覆すもので、自由でのびのびとしていて、題材としているものが楽しいです♪色使いもわたしが好きな色使いです。

下記に貼り付けたチリントゥのテキスタイルのページ、ぜひご覧くださいね。


真子さん、いつも、ありがとうございます!

紅型工房チリントゥのテキスタイルデザインページはこちら→
紅型工房チリントゥのweb siteはこちら→

"hyoutan"
H約200mm,下辺直径190mm

Nagako


| light | 17:39│編集

pendant lightをお届け


light20151106.jpg

こんばんは。
今日は、9月の島田美術館での二人展(陶芸家 星乃功実さんとの)でもご好評いただいたpendant lightを、合志市幾久富のワイン食堂ルセットさん(ルセット バル)へお届けしてまいりました。

こちらは、12口径の15Wという小さなpendant lightで、サイズもちいさくかわいらしく見えるのか、作品展でとても好評でした。今回、ルセットさんにご縁があり、嬉しいことにとても気に入って頂いて、ご購入いただきました。

カウンター席をちいさいながら、かわいく照らしています。

今日は、美味しいランチもいただきましたよ♪
ごちそうさまでした♪


ワイン食堂ルセットさんのblogはこちら→

facebookはこちら→


Nagako

| light | 20:27│編集

F様邸pendant light


light20151102.jpg

light201511021415.jpg

こんにちは。

カラカラのお天気にさようなら。
やっと雨が降りましたね。ずっと降らなかったから、雨が降ると落ち着きます。こころもからだもうるおう感じ。雨の日には、買ったまま読まずにいた本が読みたくなります。


F様邸のpendant lightが完成いたしました。

霜が降りたみたいな硝子と落ち着いたペールピンクの組み合わせです。懐かしさと繊細さが感じられるようなpendant light。横ネジ式で、電球は100Wまで対応できる灯具を使用しております。以前、制作したlightの中から気に入っていただき、今回ご注文いただきました。
F様、このたびは、ありがとうございます!

ご注文いただいている明かり取りパネルと硝子は、また後日、掲載いたします♪

Nagako

| light | 14:57│編集

| main | next »