BeBe


hibi003.jpg
今日は車に乗っているとものすごーく暑く感じる一日でした。
昨日の朝、ひんやりしてて寒がりのワタシは、思わずpatagoniaのフリースをひっぱりだして着てたのが信じられない;気温差が激しいですね。

今日は、ことのほか制作がはかどったので、知人からの告知が届いていた、きらきらとKOENで同時開催中「BeBe」に行って参りました♪染色を勉強していたという作家さん。2会場の雰囲気の違いで、同じ物でもずいぶん見え方が違うなあと面白く拝見いたしました!

展示には関係ないけど、知人からの葉書や告知文にはいつもしびれてしまいます。万年筆で書いた字が何とも良いなあと☆字がうまくないと崩し字は書けませんから。こういうのが嫌いなのに載せたりしてごめんね。

| 日々 | 19:05│編集

手鏡


komono004.jpg
今日は昨日雨が降ったせいか、ちょっとひんやり、でもすごい良い天気でした。制作は、ガラス切りとケイム組みをやっていました。毎回そうですけど、仕上がりが楽しみです。

さて、4月29日、30日は山鹿の八千代座界隈で開催される「湯の端(ゆのはた)美術展」に参加します。画像の手鏡も持っていきます☆硝子だから割れるでしょう?とよく聞かれるんですが、いえいえそんな簡単には割れません。私自身、お化粧ポーチに入れて使うことかれこれ5年。黒いフェルトケースにも入れず、リップやいろんなものと一緒に入れてて、ぜんぜん割れません。実証済み♪

| komono | 18:30│編集

針と糸


hibi002.jpg
先日、針仕事をしていたとき、小川糸の「あつあつを召し上がれ」を読んでいました。糸さんです。偶然にも。ふふ。小川糸の小説は、食べ物がたくさん登場します。自然と人との密接な関係のようなことも、書かれています。高校の時、担任の先生からなぜか「将来は、栄養士さんなんかが合うかも」と言われていたからか、食べ物について書かれている本に目がいきます。

| 日々 | 21:45│編集

湯の端美術展


lamp005.jpg
ずいぶん暖かくなってきて、衣替えをしなければしなければ~と思いつつ。。。いまだ手を付けていないワタシです。

山鹿の百花堂や八千代座のある通り(豊前街道沿い)で開かれる「湯の端美術展」のお知らせです。なんで湯の端かっていうと、温泉のある町だからですよー。

2012年4月29日~5月6日
11時から17時まで
※わたしは29日と30日のみ展示いたします☆

八千代座に一番近い交差点にある洋館風の建物で展示をいたします。地図も載せずアバウトでごめんなさい。
いろんな方が展示の予定です。
河原町繊維問屋街跡地にお店を構えている方々など、たくさんいらっしゃる予定です。
わたしも申し込みがぎりぎりセーフで参加させていただくので飛び込み参加的なのですが、わいわい楽しく展示させていただこうと思っています。画像のmini lampも持っていきます。

| light | 17:46│編集

指輪


ringbox002.jpg
GWも間近です。
わたしはGWの前半に、山鹿市の八千代座の通りで開かれる「湯の端美術展」に2日間だけですが、参加させていただくことになりました。また、後日お知らせしますね。

ring boxが完成しました♪
お話を伺って、3つデザインをお送りしたのち、この木のデザインを選んでいただきました。葉っぱの部分には、二種類の緑の硝子を使いました。本当に微妙な質感の違いがあるだけなので、どことどこが一緒っていうのは写真では分からないくらいです。空は一種類のみですが、同じ硝子でもグラデーションがあり、透け感と色の入り方が違います。星の硝子以外はすべてオパルセントグラスといって、乳白色の入った硝子。この硝子の乳白色が少ない部分の透け感がすごい好き☆です!

| komono | 17:12│編集

水温む季節


seisaku010.jpg
朝、顔を洗うときに少々水が冷たくても平気になってきました。暖かくなってきた証拠ですね。

最近は、お客様と直接お会いして硝子選びやデザインについてのお打ち合わせをする機会も増えてきました。
アトリエに置いている硝子のサンプルを持って伺います。
両手で持ちきれないくらいに持って、お客様と私とがお互いに「この組み合わせがいいですね!」ってなった時はスカーッとします!そしてやっぱり硝子は綺麗だなあと思います。この素材を生かして、いつまでも見つめていたいステンドグラスを作りたいなあって思います。

| 制作日記 | 12:17│編集

お出かけ


ringbox1.jpg
日焼けを気にしつつ、昨日は阿蘇神社の蚤の市に友達と行ってきました。
梅雨までの間のお天気が良く快適な日々を楽しもうと、お出かけの予定をいろいろと計画中です。

ring boxは、硝子ピースが小さいのでデザイン通りに形を収めるには、硝子の側面をグラインダーで削ってサイズを微調整します。そろそろ、中のリングピローをチクチクと針仕事に入ります。

| 制作日記 | 20:41│編集

ひだまり


ringbox_convert.jpg
先日、気持ちの良い昼下がりに、木々の間から星が見える~
そんなことを想像しながら、今度ご結婚されるお二人からのご注文ring boxの硝子切り♪

| 制作日記 | 15:00│編集

竹に旬


take.jpg
竹に旬と書いて筍(たけのこ)
家族で竹林に掘りに行って来ました。

最後は、鍬を振りかざし大地から切り離します。
まるで、一撃を加えて獲物を仕留めるような。それが私たちの、血となり肉となる、ような感覚がしました。
食べ物の収穫は、感動的です。

こんな気持ちになったのは、小泉武夫さんの「食の堕落と日本人」を読んでいるからかもしれません。

とれたての筍は、産毛のようなふわふわしたものが付いていて手触りが気持ちいい~。

採った筍は、味噌和えにして美味しくいただきました。

| 日々 | 14:33│編集

ぽかぽか


ryouko2_.jpg
新年度スタートしました。
寒がりな私には今日のぽかぽか陽気は久しぶりで嬉しいです。
もっと暖かくなって、気持ちも軽快に春物のお洋服が着たいものです♪

先日、途中経過を載せていたパネル。
柔らかな印象で、シンプルに。
硝子の質感が、水面のようにキラキラとした陰影を作り出します。
リビングドアの上部に明かり取りとして取り付けられます。

size W300,H200mm

| panel | 12:31│編集

| main |