戸谷真子さんの紅型作品展at京都


hibi0026.jpg

今日は、お友達の展示会情報です。

戸谷真子さん(工房チリントゥ)とは、熊本の公募展の授賞式で知り合って、のちに京都で私がステンドグラスの勉強をしているときに、工房を見学させていただいたり、知り合いのお店に連れて行ってくれたり。「びんがた」のサインボード(看板)をご注文いただいたり。

真子さんの紅型は、繊細なんだけど、のびのびと、従来の紅型にとらわれていないところが本当に素敵です。ちょうど10年目の記念個展です。GW、京都へお出かけの方はぜひ!

戸谷真子 紅型作品展 10周年記念個展
会期:2015年5月1日(金)-5月3日(日)
    11:00-19:00(最終日は17:00まで)
会場:ちおん舎
住所:京都市中京区衣棚三条上る突抜町126
電話:075-221-7510

工房チリントゥ 戸谷真子さんのHPはこちら→

nagako

| いろいろ | 17:56│編集

デザインは手描き


seisaku0055.jpg

デザインは、すべて手描きでおこしています。その後の作業(制作)がすべて手作業なのに、デザインだけイラストレーターなどを使うのは違和感があって。色を付けるのも、色鉛筆です。色鉛筆を削るのも手作業、ナイフで削ります。あんまり便利にならない方が好きみたいです。

現在進行中の制作は、もうすこし完成までには時間を要しますが、順調に進んでいます。

nagako

| 制作日記 | 19:47│編集

ansさんでのワークショップ


ans-ws12.jpg

ans-ws13.jpg

本日は、住まいづくりのアドバイスをされているansさんでのワークショップでした。
6名さまにご参加いただきました。ありがとうございます。
お久しぶりにお会いする方もいらっしゃって、楽しくワークショップできました。

小学生のお子様も3名いらしたのですが、意外と上手に出来ていて、感心いたしました。ところどころ、お父さん、お母さんにお手伝いしてもらい、無事に完成♪

この春色な硝子の組み合わせも、とっても喜んでいただいて、本当にうれしい限りです。

またいつかワークショップ企画したいなー。
告知は、こちらのブログにて行いますので、見ていてくださいね。

本日お世話になりました、ansさんのH.Pはこちらです→

それと、今日嬉しいことがあと1つありました。ワークショップ開始前に、小学校6年の時の担任の先生が会いに来てくださいました!先生は、ブログをどこかで見つけて、ずっとご覧いただいてたとのこと。目立つ子供ではなかったので、こんな事があるなんて、見守られているようで、本当に嬉しかったです!先生、ありがとうございました!

nagako





| ワークショップ | 18:27│編集

霧深い朝


hibi0023.jpg

hibi0024.jpg

hibi0025.jpg

数日前の朝は、とっても霧深くて、向こうから来る人が誰なのかわからないくらいの霧で、自分が歩いていくのも、霧の中へ這入っていくような不思議さを覚えました。幻想的ですこしワクワク。


今年も、宮城県石巻市雄勝町の牡蠣が届きました。
我が家で行っている唯一の、東北のお手伝い。毎年、かなり待ち遠しくて、牡蠣が届く日は予定を入れたくないくらいです。なぜなら、両親に全部食べられてしまうから!競い合うように食べていますよ。だって本当に美味しいのです。

雄勝産のぷりっぷりの濃厚牡蠣、GWにも届くことになっているので、あと一回楽しめます。

漁師の会社「雄勝そだての住人」のHPはこちら→

みなさまも、ぜひ!

nagako

| 日々 | 20:15│編集

マーブル模様


seisaku0054.jpg

硝子切りの途中。
グラデーションになった色板ガラス。
この板ガラスのどの部分でカットするか、考えて切ります。

例えば、空を表すには、この部分がいいのかな~などと。

ステンドグラスのための色板ガラスには、こんな硝子もたくさんあるのです。
面白いでしょう?

nagako

| 制作日記 | 18:08│編集

お写真が届きました!


kysamapanel_01.jpg

kysamamirror0001.jpg

昨年、新築住宅の明り取りパネルを制作させていただいたお客様から、先日、お写真が届きました。綺麗に光が入ったところを撮って送ってくださいました。お写真を頂いたりすることは、本当に嬉しいことです。

後日、お買い求めいただいたmaru-mirrorのお写真もあわせて送っていただきました。
mirrorに写るディスプレイされたものたちも、さりげなく素敵ですね。

何よりも、制作させていただいたものを、気に入っていただいて、喜んでいただいていることがすごく嬉しいです。励みにもなりますし、もっと精進しなければ、と思います。

制作や打ち合わせでの、ていねいさを忘れることなく、これからも精一杯頑張ってまいります。

支えていただいている皆様、ブログをご覧いただいている皆様、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

nagako

| panel | 15:03│編集

今日から4月


light0010.jpg

ご依頼いただいている教会のパネル、制作進めております。
80年ほど前に建てられた教会は、現在、改装中で、以前はステンドグラスは入ってなかったのですが、改装に伴い、ステンドグラスを入れましょう、との事でご依頼いただきました。個人的には、大正・昭和初期に造られた洋館が好きで、重要文化財に指定されていたりすると、遠くても見に行きたくなります。なので、そういう所に入っているステンドグラスのイメージで造りたいと思ったり、とにかく色々と考えながら、打合せを重ねて、今に至っています。

ほとんどが、オパルセントグラスという不透明な乳白色をおびた硝子を使用予定にしていて、その硝子たちも大好きな硝子です。トランスペアレント(透明)の硝子と違って、同じ品番の硝子でも、製造された年や時期でも色合いが違うので、そこをうまく取り入れたり、また色がイメージと違うために使えなかったりします。この部分は使えるけど、全部は使えない、などもよくあります。今いろいろとイメージとデザインに合う硝子を選びながら制作進めています。


画像は、以前制作したペンダントライトです。

nagako

| 制作日記 | 20:49│編集

| main |