納品します


rose0120170228.jpg


rose0220170228.jpg



小中学時の同級生S氏邸の明かり取りパネル、完成いたしました。
中学生のお子さんが描かれた絵を元にデザインしています。
提案したデザインが最初は絵とかけ離れていたせいか、気に入ってもらえず何度か直しました(笑)でも、(地震により立て直しをすることになったのですが、)こんな時だからこそ、ステンドグラスを家に取り入れたいと言ってくれたのが本当に嬉しくて。。。


奥様の、バラは赤が良いとのご希望でニュアンスのある深みのある赤い硝子に決まり、シックな色合いに仕上がりました。

建て具にも10センチ角の硝子のみを4枚、すでにこちらは納品しています。

そういえば、いつも打ち合わせはS氏の愛犬トイプードルのレンくんも一緒に来ていて、動物好きの私は癒されたなー^^



S-samatei "rose"
size 400mm角



Nagako




| panel | 20:08│編集

花咲く


koubai-bee20170221.jpg


suisen20170221.jpg


biora20170221.jpg



抜けるような青い空が熊本にはあるのです。
それから生命力を感じる緑も。

香りに誘われて、紅梅にはミツバチが集まっていた。
写真に写るミツバチ見えますか?
まるく植えられた白いビオラもかわいい、水仙は凛として。


なにげない毎日に感謝です。
支えてくださる皆さまに感謝しています。



Nagako








| 日々 | 20:05│編集

本日FILLさんでのWSでした


fill-wa0120170216.jpg


fill-ws0220170216.jpg



春一番が吹いたそう。
私も季節の変わり目、鼻の調子がすこぶるワルくて。。。ワークショップだというのに下を向くとスタスタと。。ご参加いただいたお客様にマスクをいただき、マスクのおかげでなんとか乗り切り、本当に助かりました。


FILLさんでのワークショップ、本日は3名の方にご参加いただきました。
ひとつだけ選べるガラスは、オパールセント(乳白色)の水色、ロゼワインのような色の硝子に、見本として作ったものと同じ色の透ける乳白色をお選びいただいて制作されました。どの色もそれぞれかわいらしくて、とっても素敵で!

今日は、わたくしめの鼻の調子を3人の方にご心配頂きながらのワークショップで、本当に申し訳なかったです。。。年に一度あるかないかくらいの鼻水の出具合。。笑


FILLさんでのワークショップは、また4月以降に計画してまいります。
課題作品も、別の作品を考えております。決まりましたらブログにて告知いたしますね。


本日は、ご参加いただいた皆さま、FILLのスタッフさま、ありがとうございました。





Nagako










| ワークショップ | 19:56│編集

打ち合わせ


s-kun20170211.jpg

外に出れば思わず、さむ〜い!と、口に出てしまいますね。
今朝は起きてみたら庭に雪がうーーーっすら。
もう少し降ってもよかったなー、なんて思う自分はまだまだ子供なんでしょうか。


本日は、現場にて明かり取りパネルの打ち合わせでした。
ガレージに取り付けられるもの。今から急いでデザイン開始です。


現在制作中の明かり取りパネルは、小・中学生の時の同級生S氏邸のものです。
S氏邸を設計したのも、小・中学生の時の同級生W氏。
外構を手がけるのも、同級生A氏。
ということで、竣工したらこの4人で集まれたら楽しいだろうな。
デザインは、S氏のお子さんが書いた絵を元にしています。
大きな赤い薔薇の花がステンドグラスの中心を飾ります。





先日、二月花形歌舞伎を博多座で観てまいりました。
市川猿之助さんの宙吊り、豪華なお着物は、屋号オモダカの刺繍だったり。。。
澤瀉屋ッ!!と勢いよく叫ぶ大向こうさんの掛け声には心が浮き立ちます。私のお目当て、平岳大さんにも「ヒラ!」という掛け声が飛んでいました!華やかな歌舞伎の世界を堪能いたしました。



Nagako








| 制作日記 | 20:02│編集

東風解凍


cat201702081.jpg


はるかぜこおりをとく
とはいえ、今日からまた寒さがぶり返し、雪の予報も出ています。


うちの猫さん、3kgほどになり大きくなりました。
ボール投げして一緒に遊んでます。
投げて投げてとボールを持ってきてくれます。
賢くて可愛いこ♡



Nagako




| 日々 | 14:29│編集

Y様より明かり取りパネル画像が届きました


吉井様ステンドグラス①20170125


吉井様ステンドグラス②20170125


昨年、明かり取りパネルを納品させていただいたY様より画像が届きました。

忘れられない年となった昨年。
5月初めから制作をスタートしようと計画していたY様邸の明かり取りパネルは、地震により掻き回され傷んでしまったアトリエの片付けのために1か月ちょっと遅いスタートになりました。と、今でこそ振り返ってこういうことを書いていますが、当初はこの場所でまた制作が再開できるとも思っていなかったのです。

早いうちに復旧して再開できたのも、Y様の「いつになってもいいから待っています。制作してください!」との励ましの言葉があったから。

福岡に避難した私のことをお気遣い頂きながら、早く立ち上がって!という強いメッセージを感じて、折れそうな心に(折れてたかもしれないです)添え木のようなものをされて、背筋がしゃんとする感じがして、なるべく早い制作再開をと、気合をいれることができました。

優しい言葉と励ましは、確実に立ち直ろうとする原動力となったこと、地震発生からもうすぐ10か月となる今も時々思い出しています。


画像とともに添えられている文章もすごく嬉しいものでした。

それは、私のステンドグラスが

家を照らしてくれているということ。
朝は周りに色が映るくらいの日が差し込み、その優しい輝きはなんとも言えない。
それを穏やかに眺めていられるのはとても贅沢な時間です。と
あの震災を経験し、よりそう感じるのだと思います。と結ばれていました。


嬉しくて、これであと何ヶ月かは頑張れる。
幸せです。



改めて、ありがとうございました。



Nagako






| panel | 17:57│編集

| main |