N様邸ステンドグラス制作


budou20180427.jpg


N様邸の明かり取りパネルステンドグラス制作の様子です。
ケイム組まで終わったところ。

ワインがお好きなまだお若いご夫婦が今回の施主様。「ぶどう」のデザインで、とのご要望をとても意外に感じていたのですが、ワインがお好き♡ということで納得いたしました。確か、結婚式の案内状もぶどうのデザインのものを選ばれたとおっしゃっていました。打ち合わせでお会いした時に感じた、すごく仲の良い雰囲気のお二人を思い浮かべながら2つのデザインをして、決まったデザインがこちらのものでした。

お二人でワインを飲みながら、ぶどうのデザインのステンドグラスを観て、寛いでいただくことを想像しながら制作しました。

今は、パテ詰めまで終わり、パテ乾燥待ち&ひたすらパテ掃除をしています。
あと少しで完成です。





Nagako






| 制作日記 | 20:34│編集

熊本地震本震から2年/N様邸ステンドグラス制作スタート


n-sama20180416.jpg


こんばんは。
2年前の今頃は、福岡の弟の家に車で必死で向かっている途中だ。16日、15時半くらいに益城を離れる決心をした。父は、しばらくは家に残ると言って聞かなかったが、このままずっと益城にいたら、事態は悪くなるばかりであろうことは容易に推測できた。それくらい周りの風景は様変わりしていた。これから先の見通しは、絶望的なことしか考えられなくて、温かい食事も摂れない、寝る場所もない。風呂にも入れない。水も電気も止まっている。14日からの車に寝泊まりする生活はそう長くは続けられない。もう限界。そんな思いで、福岡へと向かっていた。渋滞がひどく、全く車が動かない状態が長時間続いた。その間にも、余震が車を襲った。渡っている橋が落ちやしないかと生きた心地がしなかった。カーラジオは、次々と伝えられる地震速報、被害状況、南阿蘇で生き埋めになっている行方不明者がいることを伝えていたことを思い出す。南阿蘇に知り合いがいる私は、知人ではないかと気が気ではなかった。のちに知人は、無事なことが確認されて安心した。
反対車線も渋滞していたが、北へ向かう車線よりは緩やかに動いていて、他県からの消防車両、警察のパトカー、警察の紺色のバスなどが途切れることなく続いていた。目に映る異様な事態に事の深刻さを改めて思い、涙が出そうになったりもした。ハンドルを握る私が、目を潤ませたりして運転を誤ってはいけないとグッとこらえた。

と、一気にここまで書いてしまいましたが、また収拾がつかなくなりそうなので、ここで地震の話は一旦終わり。またその先をいつか書くんだろうな、私。あ、でも前にも書いたかもしれません。今になって詳しく書けることもあるので、また何らかの地震のこと書きます。


N様邸のステンドグラス、明かり取りパネル制作始めております!
ぶどうのデザイン。
色のバランスを見ながら硝子カットしています。



Nagako


| 熊本地震 | 21:39│編集

熊本地震から2年/御手洗和代さんの和三盆ワークショップ


mitaraisan0120180415.jpg



kazuyosan20180415.jpg



本日は、熊本市佐土原「畑まるごとマーケット 有機生活」にて、和三盆のワークショップに参加してきました。講師は、香川県の御手洗和代さん。詳しいことは聞きかじっただけで存じないのですが、益城町の仮設団地などを回って出張和三盆ワークショップをするという活動をされているようです。今回も、熊本地震から2年目を迎えたので、来てくださったのでしょう。熊本だけでなく、東日本大震災の時も、先日の大分耶馬渓(土砂崩れ)にもすでに足を運ばれているようです。ご本人は、ご自身の活動内容を詳しくお話しされる方ではなくて、純粋に参加している人たちに、和三盆作りを楽しんでほしい〜!!という願いが強いのかなと参加していて思いました。特に和菓子の質感が好きな私には、その木型や和三盆を詰めて出来上がった愛らしい塊がたまらなかったです☆

熊本地震から2年を迎えて、こんなふうに楽しめることは普通ではなくて、奇跡の連続の上にあるような気がします。災いは、突然やってくるんだなー!と、死を覚悟するほどの2回の震度7の激しい揺れに揺られながら感じたものですが、毎日太陽が昇れば目覚めることができて、夜になったら温かい布団でちゃんと寝れるということに幸せを噛み締めて暮らしています。

ですが、地震によって精神的に病んでしまう人がこの町には多いことも身近に感じていますし、友人は熊本市のみなし仮設に暮らしていますが、益城町に自宅を再建する目処も立たない間にお父様がお亡くなりになるという悲しいこともありました。4車線化や区画整理のために自宅を建てようにも身動きが取れない人がたくさんいます。いまだに軒先避難をされている方々もいます。益城町は至る所で工事中。

書き始めると、収拾がつかなくなるほどまだまだ復興とは程遠い。私にはメディアに多数取り上げてもらえる熊本城のことなんてどうでも良いです。(ごめんなさい!言っちゃった!)目につかないところで、悩み苦しんでいる人はたくさんいるということに注目して欲しいです。




現在、メールアドレス info@glasstobira.com が開けない状態です。
ステンドグラスのお問い合わせは、glasstobira@gmail.com までお願い致します。




Nagako





| 熊本地震 | 20:39│編集

T様邸明かり取りパネル完成


t0120180407.jpg



t0220180407.jpg



こんにちは。
今日は、随分と冷えて、まるで冬の様な気温。現在、室温は17.5℃。。。というとそんなに寒くもないようだけど、寒がりの私はウールのニットを着て、冬に逆戻りです。


T様邸の明かり取りパネル、制作開始時には、すでに納品期限は迫っていたので、パテを固めに練っていて良かったです。固めのパテのおかげで乾燥も早く進み、月曜には、納品できそう。ぽってりとしたオレンジの花と葉で、少々スカンジナビアデザイン(そういうご要望ではなかったのですが)な雰囲気に仕上がっています。オレンジの色やグリーン、それにレインウォーターの質感など、もっともっともっと!実際に見ると写真より数段美しく見えるのになーと、もどかしく思いつつ撮影しました。


施主様は、オレンジ、グリーン、ブルーを使用して、デザインは花が全体的に広がっていることが理想のステンドグラスとお考えでした。ご提案したデザインは、一度やり直して、このデザインで制作することになりました。仕上がりを、お気に召していただければ幸いです。ご新居を明るく照らすステンドグラスでありますように!




"T-sama tei flower"
size W600mm,H200mm




Nagako








| panel | 16:17│編集

T様邸明かり取りパネル制作


t-20180404.jpg



先日のT様邸の明かり取りパネル制作中の様子です。
本日、ケイム組み、ハンダ付け、パテ詰めまで終わりました。オレンジ色の花が可愛らしいデザイン。

また後日、完成した明かり取りパネルを掲載します。



Nagako



| 制作日記 | 20:27│編集

| main |