order / lily 小箱 / 完成しました!


lily01-20200129.jpeg



lily02-20200129.jpeg



lily03-20200129.jpeg



N様よりご注文いただいておりました、百合の箱が完成しました。

デザインは、ほんの少しだけですが、花びらとおしべを変えています。ブルザイ社の硝子の特徴であるキャットポー(猫の肉球)と呼ばれる部分から入る光が美しいです。蓋部分を、自然光や、ランプの光にかざすと、蓋をしている時には気付かなかった魅力にハッとします。これが、この箱を持っている人だけの楽しみで、すごくいいなあと思うのです。プレゼントをされるとのことですが、この箱がお気に召していただけたら嬉しいです。

私たちの仕事は、平和な時でないと成り立たないことをひしひしと感じて、制作できる喜びを感じています。

N様、この度はご依頼いただき、ありがとうございました!
今度、お届けにまいります^^





"Lily / 小箱"
size 蓋 120mm×65mm
箱の高さ 60mm



Nagako



| komono | 20:58│編集

仕事始め


sigotohajime20200104.jpeg


今日は、風が冷たい一日。でも、とっても良いお天気のお正月4日でした。

今日は、ご注文をいただいておきながら、制作がのびのびになってしまっていた作品の制作を。随分前に開催した作品展の時に、初めてお会いしてからのお付き合いで、作品展の際には足を運んでいただいていました。私の数点の作品を大切にしてくださっているのがお話をするたびに伝わってきて、とても嬉しく感謝しています。いつも優しく見守ってくださるようで、心強いです。

2020年の仕事始めは、そんな大切な方からの注文制作から。
今年も、清々しい気持ちでていねいに。






Nagako




| 制作日記 | 20:23│編集

謹賀新年


h-sama-01-20200103.jpeg



h-sama-02-20200103.jpeg



あけましておめでとうございます!
自然災害の多い近年ですが、今年は穏やか一年となりますように。
制作では、良いものがつくれるよう美しいものを愛で、楽しんで精進してまいります。
今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


数日後に納品を予定している、H様邸のステンドグラス。
多面的なラインを用いた「木」のデザインです。私の作品を初期の頃から見直してみると、意識しているわけではなく、知らず知らずのうちに、木を取り入れていることに気付きます。散歩中も「木」に目を留めてしまうし、葉の茂り方、葉の色や、枝の伸び方、木肌がいいなと思う木は、思わず写真も撮っている。好きだからだと思うのですが、この「好き」にくさびを打ち込むように、忘れないでいることが大切です。

H様へのデザインのご提案はこの「木」のデザインを2通り考えて、こちらのデザインをお選びいただきました。デザインをお気に召していただき、本当に嬉しかったです。使用硝子の、ウロボロス社のキャットポーが特徴である硝子からは、木漏れ日のように光が洩れて、ココモ社アイスグリーンの硝子の印象は柔らかく。。。



こちらのステンドグラスは、玄関を入ってすぐ、右手の壁に取り付けられます。



いつもご注文いただいている建築会社様から、プレゼントとしてH様へ贈られます。
ご依頼、ありがとうございました!




"H様邸 tree"
size 400mm角





Nagako











| 制作日記 | 22:36│編集

| main |