修理・パテ詰め


pate20180707.jpg



こんばんは。
広範囲の豪雨の被害状況をテレビで見ているだけで、涙が出てきそう。
どんどん浸水してどこにも逃げようもなかったと思います。危険な状況にある方々、どうぞ持ちこたえて欲しいです。



本日は、T様邸打ち合わせでした。
デザインを、早速始めたいと思います。

画像は、修理の様子。
硝子をできるだけ以前の色や質感に近い硝子でカットし(在庫に同じ硝子がない場合や、廃盤になってしまう硝子があり、修理の場合は止むを得ず、似た硝子で切ることもあります)ケイムに組み込み、接合部分をハンダ付けして、パテ詰めをします。余分なパテを取り除いているところをパチリ。




Nagako





| 制作日記 | 20:02│編集

| main |