修理2枚目・パテ詰め


repair20180730.jpg


こんにちは。
台風12号が九州をやっと過ぎ去ってくれました。
ずっと続いていた暑さはおさまって、今日はしのぎやすいです。


建築会社さまがご購入、窓辺で飾っていただいていた200mm角のパネル修理をいたしました。以前にも書いたかどうか記憶が曖昧ですが、2年3か月前の熊本地震で床に落下、硝子の一部が割れてしまいました。新築住宅に入るパネルのご注文の受注制作や諸々で時間が取れず、また、「急ぎませんから」と言うお言葉にも甘えて、ずいぶん経ったいま修理をしています。

以前は、セメント系のパテを使っていたので、硝子がパテに食い込み、硝子片がケイムからなかなか外れない!ということで、ルーターで硝子片を時間をかけて削っていくことで解決しました。切り直した硝子をケイムに組み込み、ハンダ付け、パテ詰めをするところまで、ようやくたどり着きました。このセメント系パテを使った要修理のものがあと1つと、コパーフォイルで制作のものが1つあるので、修理が終わるまでは落ち着かない。。。



Nagako




| 制作日記 | 15:44│編集

| main |