ハナミズキ / サンドブラスト


hanamizuki20190319.jpg



M-sanma20190319.jpg



こんばんは。

M様邸のステンドグラス制作は、お受けしている事の半分が終わったかなというところです。

建具に入るステンドグラスパネルには、「ハナミズキ」をサンドブラストしたものを組み込みます。サンドブラストをご指導いただいた先生は、「サンドブラストガラス彫刻 イル・チェーロ(ilcielo)」主宰 熊本県文化懇話会会員でいらっしゃる田中久美子先生です。
面識もなかったので、ドキドキしながら電話をいたしましたが、ご指導いただきたい旨をお伝えしたところ、ご快諾くださいました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです!!

先生の工房で(熊本フードパル内)教えていただきながら、ガラスの種類を変えながら、(当たり前のことですが)何枚も試してM様にお見せできる3枚ができました。その3枚の中から選んでいただいたのが、淡いピンクと乳白色の流れのある画像の硝子です。
やわらかくて優しくさりげない雰囲気が堪らなく好きです。
砂を当てる時間や砂を当てる箇所を考えながら削っていく作業、その前段階の作業、とても楽しかったです!硝子の色や質感の様々なもの、また被せ硝子でも試してみましたが、出来上がりの違いが面白くて、これから自分の作品にどんどんサンドブラストを取り込んでいきたいと思いました。

現在、最後の工程であるパテ詰めが終わっています。
パテの乾燥や磨きの作業をしてから納品いたします。

明日は、M様邸の硝子やステンドグラスの取付け方についての説明をするため、建具屋さんまで行ってまいります!
あと少しでM様邸の全てのことが終わりますが、最後まで気が抜けません。

 





info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせ、ワークショップのお申し込みなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。





Nagako





| 制作日記 | 20:54│編集

| main |