シェードの修理


repair20200225.jpeg


repair01-20200225.jpeg



こんにちは。

随分前に同級生から依頼されて作ったランプ2つ。
赤いランプは10年くらい前、葡萄のシェードは、なんと!20年くらい前に依頼されて制作したもの。当時、硝子を見せて、この色のガラスでカットしようとか、クラシックな葡萄のデザインで、とかいろいろと好みを聞きながら制作したのを思い出します。この2つのシェードが、もうすぐ4月で発生から4年になる熊本地震で被害に遭い硝子数カ所が割れてしまって、修理を頼まれていました。最初は私自身も修理どころではなく、片付けや、少し経つと自分の暮らしの立て直しや、注文制作で精一杯で、同級生のシェードの修理は最後に後回しになっていて。。。今日、ようやく!!修理が完成しました。彼女もこの春ようやく仮の住まいからの引っ越しが決まったので、それに間に合いよかったです。

修理の流れは、まずは、割れた硝子を外し、なるべく近い硝子色で割れた箇所の硝子をカットし、半田付けします。葡萄のシェードは、同じ硝子がなかったのですが、同系色の別の硝子でもさほど違和感もないようで安心しました。
同級生は、赤いシェードをキッチンの天井を飾るペンダントライトとして使用していましたが、今回はテーブルライトとして使いたいとのことなので、葡萄のシェード同様、シェードサイズに合う鋳物のベースに取り付けます。


ちなみに、何回かお伝えしていますが、住宅に入れた(壁やドアや引き戸に取り付けた)ステンドグラスは、割れなどの被害が一切なく、ステンドグラスパネルが地震などの揺れに対して強いことを証明してくれました!







メールアドレス info@glasstobira.comは、送受信が出来ない状態です。
作品のお問い合わせなどは、glasstobira@gmail.comまでお願い申し上げます。



Nagako







| 修理について | 16:16│編集

| main |