修理


mizuumi20180706.jpg


こんばんは。
雨が各地で降り続いていますね。
毎年のようにどこかで雨による被害も起き、悲しくなります。。。


修理。
建築会社さん事務所の窓辺に飾っていただいてたパネルですが、2年前の熊本地震で床に落ち、割れてしまったものです。全部で4枚ありますが、最近になり、ようやく修理を始めました。急がないからというお言葉に甘えて、優先順位は下の方になっておりました。時間のあるうちに、修理を進めたいと思います。

明日は、施主様との新築住宅に入るステンドグラスの打ち合わせです!



追伸:info@glasstobira.comは、引き続きメールの送受信ができません。(再設定試みましたが、いろいろと複雑で断念。再度設定試みます。)お問い合わせは、glasstobira@gmail.comまで、よろしくお願い申し上げます。



Nagako



| 制作日記 | 20:44│編集

来月ワークショップ,満員御礼申し上げます


本日、3回目の投稿です。
今日は、むし暑かったですね。まだ6月だというのに。。。

来月12日の、村田工務店さんでのワークショップは、満員となりました。
お申し込み頂いた皆様、ありがとうございます。
村田工務店さん、告知ありがとうございます。

今回は、屋根の部分の硝子を4色の中からお選びいただき、お好きな色でカットしてまいります。
張り切って準備して、当日楽しんでいただけますよう。



Nagako




| ワークショップのお知らせ | 20:04│編集

納品いたしました


klun0120180627.jpg


klun0220180627.jpg


kilun0320180627.jpg



ゆっくり、そして少しずつですが、作り始めたキルンワークのピアス。

jamjam.さんへ納品いたしました。



先月の村田工務店さんでのワークショップでは、お二人の方がつけてきてくださいました。
嬉しい嬉しい♪ありがとうございます!




Nagako





| komono | 18:06│編集

木山神宮


kiyamajingu0520180523.jpg


kiyamajingu0120180523.jpg


cat20180523.jpg


kiyamajingu0220180523.jpg


kiyamajinguajisai20180621.jpg



4月初旬に、小物の委託販売して頂いているjamjam.さんご参加の他店でのイベントで、木山神宮への寄付のための販売をしていただいておりました。その後も、jamjam.さんでは引き続き、下記のボードを置かせてもらい、jamjam.まなみさんへもご協力いただいて。大変遅くなりましたが、その時の売上である19,200円を、「木山神宮災害復旧事業奉賛会」の ゆうちょ銀行口座へ振込んでまいりました。前回の寄付と合わせたら、56,000円。ほんの少しの気持ち程度ですが、何かのお役に立てれば幸いに思います!お買い上げ頂いた皆様、本当にありがとうございました!




上記の画像は、5月23日の木山神宮。復旧のための解体が始まりました。

紫陽花は、今月21日、木山神宮にて。綺麗だなー!


kiyamajingu20180627.jpg





Nagako




| 熊本地震 | 16:40│編集

太宰府、フィンランド、夏の気配。


dazaifu-finland.jpg


ishimotofujio01.jpg


ishimotofujio02.jpg


ishimotofujio03.jpg


hetube.jpg


kyusoku.jpg


bunshokan-ryoku.jpg




先日の日曜日、太宰府天満宮宝物殿へ。
太宰府、フィンランド、夏の気配。を観てきました。

「石本藤雄 陶展 実のかたち」と「津田 直 写真展 辺つ方の休息」

インスピレーションを得るために、ぼーっとする時間を得るために、太宰府までバスと電車で出掛けた。

しかし、日曜の太宰府天満宮がこんなに人出が多いとは!
チャイニーズ系の人たちの多さと、もちろん日本人も!参拝のために200mはあろうかと思うような長さの列を作っていたのを見て萎えた私は、お参りもせずに、展覧会だけ観て太宰府を後にした。

展覧会は、大満足。
いい雰囲気、いい空気感。





Nagako







| いろいろ | 21:45│編集

photo frame


photo-20180621.jpg



こんにちは。
本日は、梅雨の晴れ間といった空模様。
今頃になって、冬物の手洗い洗濯をせっせと。


photo frameのご注文を承りました。
陶芸家 星乃さんとの二人展 "雲ノマニマニ"の際に発表したものです。
milk teaのようなこっくりとした色合いの硝子とザラメのような質感の硝子の組み合わせ。
L判サイズ(W127mm,H89mm)の写真が入るphoto frameです。

お気に入りの想い出のお写真を入れて欲しいなあ。
気に入ってくださいますように。

プレゼントとして贈られるということなので、ラッピングをしてお渡しいたします。

ご注文いただき、ありがとうございました。




Nagako



| komono | 14:45│編集

I様邸ステンドグラス納品いたしました


i-0120180618.jpg



i-0220180618.jpg



こんにちは。
今朝は、大阪で大きな地震が起こって、それからずっとテレビに張り付いていました。
地震が多発していますね。これ以上、被害が拡大しないことを祈ります。



I様邸ステンドグラス明かり取りパネル、先日完成し、すでに納品しております。
外灯として選ばれたランプのデザインと同じ感じで制作をお願いしたい、ということでそのランプの画像を拝見し、それに近い硝子の色合いや、雰囲気を大切にデザインいたしました。琥珀色や、深い質感のある赤い硝子、そしてそれらにマッチするような中間色を配しました。

玄関入ってすぐの、建具上部の壁に取り付けられます。
気に入ってくださいますように。

プレゼントとしてステンドグラスをご提案頂いている建築会社さまからのご注文です。
いつも、ありがとうございます。



"I様邸ステンドグラス"
size W600mm,H200mm





Nagako



| panel | 15:17│編集

I様邸ステンドグラス制作


i-sama-20180614.jpg



I様邸ステンドグラス明かり取りパネルの制作の様子。
画像は、硝子カットが終わって、ケイム組ももう少しで終わる一歩手前です。


info@glasstobira.comは、ひきつづき開けない状態です。
お問い合わせは、glasstobira@gmail.comまでよろしくお願い申し上げます。



Nagako


| 制作日記 | 16:49│編集

来月開催ワークショップのお知らせ


こんにちは。
先日も、開催させていただいた村田工務店さんでのHütte(ヒュッテ/小屋という意味)づくりのワークショップを、来月7月12日(木曜)に、会場は同じ村田工務店さんで開催いたします。

Hütte H105mm,W85mm
323wstunagu.jpg


今回は、屋根の硝子色を「green」「red」「kohaku」の3色の中から1色を、お申し込み時にお選びいただくというもの。


geen
green_hutte.jpg

red
red_hutte.jpg

kohaku
kohaku_hutte.jpg




それでは、詳細です。

「Hütte(ヒュッテ)・壁掛けのミラーづくり」

内容 
グリーンの屋根のヒュッテ(小屋)を作ります。
サイズは、H105mm,W85mm
一部はミラーなので、飾るだけではなく実用性も兼ねています。
透明の部分は、さまざまな質感のある硝子を使います。(画像の硝子と違うこともございますので、予めご了承ください)
硝子カット後の工程、コパーフォイル巻き、半田付けを体験していただくワークショップです。
吊るすことができるよう、金具も取り付けます。
みなさま、一緒に作りましょう♪

料金
3,500円(硝子代、講習料込み)


所要時間
1時間半から2時間ほど


日時
7月12日(木)
13:30~15:30くらいまで  定員4名さま満員です


場所
村田工務店さん
熊本県熊本市東区花立(詳しい場所は参加者の方にこちらからご連絡致します)

村田工務店さんのwebsiteはこちら→


ワークショップのお申し込み・お問い合わせは、glasstobira@gmail.comまでお願いいたします。
なお、返信には少しお時間をいただくことがございますので、ご了承くださいませ。




Nagako




| ワークショップのお知らせ | 16:45│編集

N様邸ステンドグラス明かり取り納品いたしました


n-sama-01-20180610.jpg



n-sama-02-20180610.jpg



こんにちは。
今日は、朝からサーっと一時的に雨が降りましたが、おおむね曇り空の1日でした。

先日、N様邸ステンドグラスを納品いたしました。
お届け先は、林田直樹建築デザイン事務所様。建具(引き戸)に入るステンドグラスです。

デザインは、3案考えてご提案し、画像のものに決まりました。
このデザインについては、機会と施主様のお好みがあえば是非制作してみたいと思っていたものでした。詳しくお話しすると長くなるので要点だけを記しますが、私が京都に滞在し、ステンドグラスの技法について勉強していた時、先生に見学に連れて行っていただいた「京都大学人文科学研究所付属東アジア人文情報学研究センター」(1930年/武田五一・東畑謙三設計)の階段に入る二連、三連の大窓(ステンドグラス)への憧れがあるからなのです。碁盤の目のように置かれた丸と菱形の色硝子、その上部の「肥後六花古墳石室内障屏彫刻」等の古墳や土器から採集した原子文様の意匠原案は、のちの京都大学総長濱田清陵。と、ここまで書いたら、すでに読みづらい長文になってきているので、この辺でやめますが、見学に行った際に、背景の透明と丸、菱形の調和がとても美しくて、この一部のデザインでいつか制作したいと思っていたことを思い出します。(昭和初期の作品ですので経年劣化があり、一度修復されています。恩師が修復を担当されました。)大窓なので、無作為に並べられていた色硝子ですが、N様邸では、お好きな色硝子を4種お選び頂き、規則的に色硝子を配置いたしました。

画像では、美しさが半減するのですが、実際はもっと美しいです。(地震後、片付けの際に作業机の位置を南向きから東向きに変えざるをえなくなり、写りが以前と違っています。)

背景に使用したアメリカ スペクトラムの”シーディ”と、さまざまな質感や流れのある色硝子が、どこから観ても美しいです。

N様には、インターネット上でこちらのwebsiteを見つけて頂き、ご注文を承りました。とても嬉しく思っております。
ご出産を控えられているN様。ご新居で、末長くお幸せに。
この度は、本当にありがとうございました。




"N様邸ステンドグラス”
size 400mm角




Nagako



| panel | 18:05│編集

« back | main | next »